オートメーション化のことならazbilへ!計測・制御技術で省エネを実現!Azbil Philippines Corporation

アズビルの計測と制御の技術でオートメーション事業を展開

【フィリピンでの歴史】 azbilグループは、日本において110年以上の歴史を持ち、「人を中心としたオートメーション」を理念に掲げ、計測と制御の技術を追求してきた。アズビルフィリピンは1997年に設立され、長年培ったノウハウを基にオフィスやプラント・工場において、独自のソリューションを提案、提供している。オートメーションとは温度や圧力など様々な対象を「計測」して、最適な状態にするために「制御」を行うことだ。   【事業内容】 フィリピンでは計測・制御の技
logo

ブロックチェーン技術を応用 アジア初!不動産売買プラットフォーム/CESTATES Tokenalized Real Estate Platform

  【業務内容】 同社はブロックチェーン技術を応用した、東南アジア初オンライン不動産売買のプラットフォーム(Beta Ver.) をリリースしたばかりだ。同社開発のソフトウェアにより、不動産を証券化/トークン化、迅速かつ透明性のある不動産売買を目指している。同社のシステムは不動産のセカンダリー市場をターゲットとし、8月末のプレスリリース後、国内外から問い合わせが殺到している。代表取締役の角田氏は、フィリピンで10年以上不動産仲介事業に携わっており、その人脈とノウハウ
JINS

年内さらに2店舗オープンが決定!比アイウェア業界をJINSが変える!JINS INC.

【フィリピン進出と現在の展開】 AirframeシリーズやJINS PCなど革新的な商品を次々と打ち出し、メガネ販売本数日本No.1 の地位を築いたJINSは2018年4月、BGCのSM AURAに1号店をオープンした。フィリピンパートナー企業はアパレルブランドBenchを世界で650店舗以上を展開するSuyen Corporation。現在フィリピンではメトロマニラに4店舗を展開している。また、レンズの追加料金0円など高品質でありながらリーズナブルに手にすることができることで、2
森岡氏

三陸の海の幸を日本品質で輸出。水産加工会社ならではの独自技術が活きる! 株式会社三陸コーポレーション

  【進出経緯】 2016年復興庁のプロジェクトの一貫として陸前高田市の水産企業7社のジョイントベンチャーとして設立された同社。同地域の水産加工各社では壊滅的であった国内取引も70%まで回復しており、次のステップとして三陸の海産物のみならず、日本で獲れる海産物や加工品を海外へ広めていく計画だ。2019年に新たなディストリビューターであるHightower Inc.と提携しフィリピンでの製品拡販を行なっていく。今回は同社代表の森岡氏に話を伺った。  
望月社長

高性能機械300台!圧倒的キャパシティと人材力で日本品質をスピード感をもってお届け Parts Philippines, INC.

【フィリピンでの歴史】 すでに中国に進出していたパーツ精巧が新たな海外プラント先としてフィリピン工場を創設し、今年で8年目を迎えたのがパーツフィリピンである。常に高い技術力で日本品質、短納期を実現してきた結果、フィリピンにおける日系企業様からの信頼を得て、フィリピン国内受注での独立採算事業として成り立っている。 今年1月に同社社長に就任された望月社長は、機械を扱う人材の質こそが優良製品を提供できるという信念の元、今まで以上に従業員の技術力、働く環境と意識作りに力を入れている。
167_RAM_HOMES(DMCI)

高い知名度と施工力、ホスピタリティ あふれるJapan Deskの対応力が自慢。DMCI Homes Corporate Center

  【事業内容】 DMCI Holdingsは1954年に建設会社として創業した歴史があり、現在は建設・鉱業・電力・水道供給・道路等、幅広くインフラ事業を手掛け、フィリピンの経済発展の土台を築いてきた最大手の建設企業である。今回取材をした同社はDMCI Holdings傘下の不動産開発会社であり、1999年に本体から住宅部門がスピンオフして誕生した。   【強み】 同社が手がけるコンドミニアムは統一したテーマがあり、都会にありながらリゾー
マカティ市からも表彰される丁寧かつスピードある人材紹介サービス。REERACOEN PHILIPPINES INC.

マカティ市からも表彰される丁寧かつスピードある人材紹介サービス。REERACOEN PHILIPPINES INC.

  【フィリピンでの歴史】 今期6期目を迎えた同社は、他社に先駆けてフィリピンに進出した日系人材紹介会社だ。日本の親会社である株式会社ネオキャリアは、一般人材紹介業はもとより、介護、医療、保育など状況の深刻化が叫ばれる領域にも「ヒト」と「テクノロジー」により課題解決を行っている企業だ。フィリピンは今後のマーケット成長が期待されていることもあり、他社に先駆けて先行投資的に進出した経緯がある。日本人従業員が多く在籍しており、日系企業の責任者にも安心してサービス提供をおこなうこと
日本式サービスをフィリピンで 新たな日本人マネージャーが着任。Jipang Group of Companies ( Net World Hotel Group)

日本式サービスをフィリピンで 新たな日本人マネージャーが着任。Jipang Group of Companies ( Net World Hotel Group)

【フィリピンでの歴史】 1993年、現会長の松田氏がフィリピンにて創業したことが同社の事業の始まりだ。 「ワールドクラスの日本のサービスをお客様に」という思いから様々な事業へ展開していったNetworld Hotelは、今年7月で18周年を迎えた。また、大きな浴場と充実したマッサージサービスが人気のSM Kenko Spaは21周年。NAIAで人気が絶えることがない日本式カプセルホテルのThe Wingは4周年を迎えることになった。   【事業内容】
建屋内・外の配管清掃を高速空気流のサンドストームでクリーンアップ!BIKEN CONSTRUCTION DEVELOPMENT PHILS. CORP

建屋内・外の配管清掃を高速空気流のサンドストームでクリーンアップ!BIKEN CONSTRUCTION DEVELOPMENT PHILS. CORP

【フィリピンでの歴史】 日本国内ではファシリティマネジメント会社として確固たる地位を築いてきた、株式会社ビケンテクノのフィリピン法人。 同社はファシリティマネジメント・プロパティマネジメントの企画立案、エアコンメンテナンスなど設備の施工、メンテナンス事業を長年の経験と実績に基づいてサービス提供してきた。   【事業内容】 上記事業のほか、フィリピンで 近年需要が高まっているサービ スが、排水菅などパイプのメンテ ナンスだ。 特に工業
SUZUYO WHITELANDS LOGISTICS, INC.

国際物流と国内コールドチェーン 他社にはない強みで進化を遂げる!SUZUYO WHITELANDS LOGISTICS, INC.

  【フィリピンでの歴史】 1995年駐在員事務所をフィリピンに開設。長らく現地パートナー企業のサポート業務を行ってきたが、フィリピンの将来性を視野に入れ、取引拡大を狙い2015年に現地法人設立を行った。 2017年4月には日系企業として初めてコールドチェーンの国内物流を本格展開した。 2018年9月に同社Vice Presidentに就任した沼口氏は、10年前にフィリピンで勤務経験があったそうだ。着任当初、当時から大きく成長しているフィリピンマーケット