ボホール・パングラオ国際空港発着の国際線を計画、エアアジア

格安航空会社(LCC)エアアジア・フィリピンはこのほど、開設したばかりのボホール州ボホール・パングラオ国際空港発着の国際線を就航する計画だと明らかにした。

エアアジア・フィリピンのデクステル・コメンダドール社長兼最高経営責任者(CEO)は「わが社はボホールと台北、マカオをそれぞれ結ぶ便の就航を検討している」と説明した。

フィリピンでは中国人旅行者が増えていることから、国際編を拡充することで、旅行者の取り込みを図る計画だ。エアアジア・フィリピンはさらに、ボホール・パングラオ国際空港と中国、韓国、日本をそれぞれ結ぶ路線の運航も視野に入れている。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ピリピナス・シェル、19年に40億ペソを設備投資に ピリピナス・シェル・ぺトロレアムはこのほど、2019年に設備投資に40億ペソを振り向けると明らかにした。 ピリピナス・シェルはガソリンスタンド50~70カ
ホルシム・フィリピン、生産拡大で3億米ドル投資へ セメント大手ホルシム・フィリピンはセメント生産を30%拡大するために3億米ドル(約157億ペソ)を投じる計画だ。 ホルシム・フィリピンは今回、2020年ま
比の19年成長率は6.5%に、DBS予測 シンガポールの金融大手DBSはこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.4%になるとの見通しを示した。 DBSはこのほど発表
ニッケル生産量、19年は最大20%マイナス見通し フィリピン・ニッケル産業協会のダンテ・ブラボ会長はこのほど、2019年のフィリピンのニッケル生産量は前年から最大20%減少するとの見通しを示した。天然資源・環境