ボホール・パングラオ国際空港発着の国際線を計画、エアアジア

格安航空会社(LCC)エアアジア・フィリピンはこのほど、開設したばかりのボホール州ボホール・パングラオ国際空港発着の国際線を就航する計画だと明らかにした。

エアアジア・フィリピンのデクステル・コメンダドール社長兼最高経営責任者(CEO)は「わが社はボホールと台北、マカオをそれぞれ結ぶ便の就航を検討している」と説明した。

フィリピンでは中国人旅行者が増えていることから、国際編を拡充することで、旅行者の取り込みを図る計画だ。エアアジア・フィリピンはさらに、ボホール・パングラオ国際空港と中国、韓国、日本をそれぞれ結ぶ路線の運航も視野に入れている。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

食品大手RFM、18年の純利益は6%増の11億ペソ フィリピンの食品大手RFMはこのほど、同社の2018年の純利益が11億ペソとなり、前年の10億4000万ペソから6%増加したと発表した。 RFMのホセ・マ
グリーンエナジー、韓国Thebizlinkと提携 フィリピンのグリーンエナジー・ホールディングスはこのほど、韓国のThebizlinkと、国内での複数の事業で連携することで合意した。 両社は今回、リサール
シャオミ、新型スマホを比市場に投入 スマートフォン世界大手の中国・小米科技(シャオミ)はこのほど、フィリピンでスマートフォン(多機能携帯電話)「Redmi Go」を売り出した。販売価格は1台当たり
サイアム・セメント、18年は26%増収確保 タイのセメント大手サイアム・セメント・グループはこのほど、同社のフィリピン事業の売上高は2018年に185億4000万ペソになり、前年から26%拡大したと明らか