建設メガワイド、セブでEPC契約獲得

地場建設メガワイド・コンストラクションはこのほど、セブ州マンダウエ市での「Mandani Bay Quay(マンダニ ベイ キー)ウォーターフロント」プロジェクトの第2期のEPC(設計・調達・建設)契約を獲得した。契約額は101億ペソとなっている。

このプロジェクトは、Hongkong LandとTaft Propertiesの合弁会社HTLが手掛けるものだ。2018年中に建設が開始し、完工は2023年になる見通し。

第2期が完成すれば、40階建ての住宅タワー3棟、30階建てのオフィスタワー1棟、アメニティーフロア、商業フロア、駐車場などで構成されることになる。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

グリーンエナジー、韓国Thebizlinkと提携 フィリピンのグリーンエナジー・ホールディングスはこのほど、韓国のThebizlinkと、国内での複数の事業で連携することで合意した。 両社は今回、リサール
食品大手RFM、18年の純利益は6%増の11億ペソ フィリピンの食品大手RFMはこのほど、同社の2018年の純利益が11億ペソとなり、前年の10億4000万ペソから6%増加したと発表した。 RFMのホセ・マ
シャオミ、新型スマホを比市場に投入 スマートフォン世界大手の中国・小米科技(シャオミ)はこのほど、フィリピンでスマートフォン(多機能携帯電話)「Redmi Go」を売り出した。販売価格は1台当たり
サイアム・セメント、18年は26%増収確保 タイのセメント大手サイアム・セメント・グループはこのほど、同社のフィリピン事業の売上高は2018年に185億4000万ペソになり、前年から26%拡大したと明らか