マレーシア企業、比でパートナー探し

マレーシア貿易開発公社(MATRADE)はこのほど、建設、食品・飲料、発電、自動車、工業用潤滑油といった分野のマレーシア企業6社がフィリピンでパートナーを探していると明らかにした。

MATRADEは先にマレーシア企業がフィリピンでの事業の可能性を探るためのミッションを実施した。このミッションには、マレーシアのLubetech、MMK Spices、Plus Solar、Lifewater Industries、Starken AAC、Auto Countが参加しているという。

MATRADEはフィリピン企業との合弁会社設立もまた、マレーシア企業にとってフィリピン市場への参入の布石になるとみている。

 


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ピリピナス・シェル、19年に40億ペソを設備投資に ピリピナス・シェル・ぺトロレアムはこのほど、2019年に設備投資に40億ペソを振り向けると明らかにした。 ピリピナス・シェルはガソリンスタンド50~70カ
ホルシム・フィリピン、生産拡大で3億米ドル投資へ セメント大手ホルシム・フィリピンはセメント生産を30%拡大するために3億米ドル(約157億ペソ)を投じる計画だ。 ホルシム・フィリピンは今回、2020年ま
比の19年成長率は6.5%に、DBS予測 シンガポールの金融大手DBSはこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.4%になるとの見通しを示した。 DBSはこのほど発表
ニッケル生産量、19年は最大20%マイナス見通し フィリピン・ニッケル産業協会のダンテ・ブラボ会長はこのほど、2019年のフィリピンのニッケル生産量は前年から最大20%減少するとの見通しを示した。天然資源・環境