PLDT、ボヤージャー事業で4000万米ドル資金調達

通信最大手フィリピン長距離電話(PLDT)はこのほど、国際金融公社(IFC)、IFCエマージング・アジア基金と、傘下のデジタル部門ボヤージャー・イノベーションズ事業に向け、4000万米ドル(約20億ペソ)の融資契約を結んだ。

PLDTは先にも、中国のインターネット・サービス・プロバイダー、テンセント・ホールディングスと米投資会社KKRからボヤージャー事業向けに1億7500万米ドルの投資を引き出している。IFCからの資金を合わせると調達資金は計2億1500万米ドルに上る。

 


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ピリピナス・シェル、19年に40億ペソを設備投資に ピリピナス・シェル・ぺトロレアムはこのほど、2019年に設備投資に40億ペソを振り向けると明らかにした。 ピリピナス・シェルはガソリンスタンド50~70カ
ホルシム・フィリピン、生産拡大で3億米ドル投資へ セメント大手ホルシム・フィリピンはセメント生産を30%拡大するために3億米ドル(約157億ペソ)を投じる計画だ。 ホルシム・フィリピンは今回、2020年ま
比の19年成長率は6.5%に、DBS予測 シンガポールの金融大手DBSはこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.4%になるとの見通しを示した。 DBSはこのほど発表
ニッケル生産量、19年は最大20%マイナス見通し フィリピン・ニッケル産業協会のダンテ・ブラボ会長はこのほど、2019年のフィリピンのニッケル生産量は前年から最大20%減少するとの見通しを示した。天然資源・環境