PLDT、ボヤージャー事業で4000万米ドル資金調達

通信最大手フィリピン長距離電話(PLDT)はこのほど、国際金融公社(IFC)、IFCエマージング・アジア基金と、傘下のデジタル部門ボヤージャー・イノベーションズ事業に向け、4000万米ドル(約20億ペソ)の融資契約を結んだ。

PLDTは先にも、中国のインターネット・サービス・プロバイダー、テンセント・ホールディングスと米投資会社KKRからボヤージャー事業向けに1億7500万米ドルの投資を引き出している。IFCからの資金を合わせると調達資金は計2億1500万米ドルに上る。

 


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

食品大手RFM、18年の純利益は6%増の11億ペソ フィリピンの食品大手RFMはこのほど、同社の2018年の純利益が11億ペソとなり、前年の10億4000万ペソから6%増加したと発表した。 RFMのホセ・マ
グリーンエナジー、韓国Thebizlinkと提携 フィリピンのグリーンエナジー・ホールディングスはこのほど、韓国のThebizlinkと、国内での複数の事業で連携することで合意した。 両社は今回、リサール
シャオミ、新型スマホを比市場に投入 スマートフォン世界大手の中国・小米科技(シャオミ)はこのほど、フィリピンでスマートフォン(多機能携帯電話)「Redmi Go」を売り出した。販売価格は1台当たり
サイアム・セメント、18年は26%増収確保 タイのセメント大手サイアム・セメント・グループはこのほど、同社のフィリピン事業の売上高は2018年に185億4000万ペソになり、前年から26%拡大したと明らか