国内初のファブリケーション・ラボが開設

貿易産業省はこのほど、カラガ州立大学内に国内で初めてとなるファブリケーション・ラボが開設したと発表した。 ファブリケーション・ラボは国内の中小零細企業向けの拠点となる。この拠点を通じて、地場の中小零細企業がアイデアをプロトタイプ化したり、大量生産化したりするのを後押しする 。

また対象とするのは、ハウスウエア、食品加工、木工、情報通信技術(ICT)、金属、セラミックス、家具などの分野の企業だという。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

食品大手RFM、18年の純利益は6%増の11億ペソ フィリピンの食品大手RFMはこのほど、同社の2018年の純利益が11億ペソとなり、前年の10億4000万ペソから6%増加したと発表した。 RFMのホセ・マ
グリーンエナジー、韓国Thebizlinkと提携 フィリピンのグリーンエナジー・ホールディングスはこのほど、韓国のThebizlinkと、国内での複数の事業で連携することで合意した。 両社は今回、リサール
シャオミ、新型スマホを比市場に投入 スマートフォン世界大手の中国・小米科技(シャオミ)はこのほど、フィリピンでスマートフォン(多機能携帯電話)「Redmi Go」を売り出した。販売価格は1台当たり
サイアム・セメント、18年は26%増収確保 タイのセメント大手サイアム・セメント・グループはこのほど、同社のフィリピン事業の売上高は2018年に185億4000万ペソになり、前年から26%拡大したと明らか