国内初のファブリケーション・ラボが開設

貿易産業省はこのほど、カラガ州立大学内に国内で初めてとなるファブリケーション・ラボが開設したと発表した。 ファブリケーション・ラボは国内の中小零細企業向けの拠点となる。この拠点を通じて、地場の中小零細企業がアイデアをプロトタイプ化したり、大量生産化したりするのを後押しする 。

また対象とするのは、ハウスウエア、食品加工、木工、情報通信技術(ICT)、金属、セラミックス、家具などの分野の企業だという。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ピリピナス・シェル、19年に40億ペソを設備投資に ピリピナス・シェル・ぺトロレアムはこのほど、2019年に設備投資に40億ペソを振り向けると明らかにした。 ピリピナス・シェルはガソリンスタンド50~70カ
比の19年成長率は6.5%に、DBS予測 シンガポールの金融大手DBSはこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.4%になるとの見通しを示した。 DBSはこのほど発表
ホルシム・フィリピン、生産拡大で3億米ドル投資へ セメント大手ホルシム・フィリピンはセメント生産を30%拡大するために3億米ドル(約157億ペソ)を投じる計画だ。 ホルシム・フィリピンは今回、2020年ま
ニッケル生産量、19年は最大20%マイナス見通し フィリピン・ニッケル産業協会のダンテ・ブラボ会長はこのほど、2019年のフィリピンのニッケル生産量は前年から最大20%減少するとの見通しを示した。天然資源・環境