米ファストフードのシェイクシャック、比に進出へ

米ファストフードのシェイクシャックはこのほど、2019年初頭にボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)にフィリピン1号店を開設すると発表した。この店舗はシェイクシャックにとって東南アジア地域で初めての拠点となる。

シェイクシャックはフィリピンでは、SSIグループと連携して事業に当たることになる。

シェイクシャックは2004年に米ニューヨークで創業し、これまでに米国内と海外での展開を進めている。海外では英国ロンドン、香港、トルコ・イスタンブール、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ、東京、ロシア・モスクワ、韓国ソウルなどに店舗を置く。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

フィリピン航空、ボーイングから機材導入計画 フィリピン航空のハイメ・バウティスタ社長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、同社が現在、米航空機大手ボーイングと新機材の導入について協議している。 フィ
シェーキーズ、Peri-Peri Charcoal Chickenの買収完了 シェーキーズ・ピザ・アジア・ベンチャーズは6月5日、Peri-Peri Charcoal Chickenの買収を完了したと明らかにした。 Peri-Per
保険サンライフ、20年までに加入者500万人増へ 保険サンライフ・オブ・カナダ(フィリピン)はこのほど、同社の加入者数が2020年までに500万人になるとの見通しを示した。 サンライフ・オブ・カナダ(フィ
サンミゲル、バスターミナル建設を計画 コングロマリット(複合企業)サンミゲルは6月4日、運輸省に対し、バスターミナルなどの建設計画を提出した。総工費は100億ペソに上る見込み。これにより、公共交通シ