19年のIPOは6件に、PSE見通し

フィリピン証券取引所(PSE)はこのほど、2019年通年に同証券取引所で行われる新規株式公開(IPO)は6件になるとの見通しを示した。

PSEのラモン・モンソン社長は今回、マニラタイムズにEメールで、「2018年のIPOは1件だけだったが、2019年はより多くのIPOが実施されるとみている。ただし、例年のIPOは8件程度なので、それは下回るだろう」と述べた。

また同社長は「大半の投資会社やファンドマネージャーは2019年の市況について、株価、取引量ともに2018年を超えると予測している。この見方の通りになれば、株式市場はIPOに適した状況になるだろう」と述べている。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

石油ペトロン、18年は50%減益に 石油元売り大手ペトロンは3月12日、同社の2018年の純利益は前年から50%減少して71億ペソにとどまったと明らかにした。国際原油価格の下落を受け、2018年1
DMCI、19年の設備投資予算を15%拡大へ コングロマリット(複合企業)DMCIはこのほど、2019年の設備投資額を前年の270億ペソから15%増やし310億ペソに引き上げる計画だと明らかにした。
バターン州で10億米ドルの発電所計画、韓国企業 バターン州と韓国のHanjo Group Manufacturingはこのほど、同州での出力600メガワット(MW)の火力発電所の建設で合意した。投資額は10億
香港メトロジェット、クラークに航空複合拠点建設へ 香港のメトロジェットはこのほど、パンパンガ州クラークで、航空機の駐機場やメンテナンス設備から成る複合拠点の建設を開始した。投資額は2500万米ドルという。