19年のIPOは6件に、PSE見通し

フィリピン証券取引所(PSE)はこのほど、2019年通年に同証券取引所で行われる新規株式公開(IPO)は6件になるとの見通しを示した。

PSEのラモン・モンソン社長は今回、マニラタイムズにEメールで、「2018年のIPOは1件だけだったが、2019年はより多くのIPOが実施されるとみている。ただし、例年のIPOは8件程度なので、それは下回るだろう」と述べた。

また同社長は「大半の投資会社やファンドマネージャーは2019年の市況について、株価、取引量ともに2018年を超えると予測している。この見方の通りになれば、株式市場はIPOに適した状況になるだろう」と述べている。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

フィリピン航空、ボーイングから機材導入計画 フィリピン航空のハイメ・バウティスタ社長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、同社が現在、米航空機大手ボーイングと新機材の導入について協議している。 フィ
シェーキーズ、Peri-Peri Charcoal Chickenの買収完了 シェーキーズ・ピザ・アジア・ベンチャーズは6月5日、Peri-Peri Charcoal Chickenの買収を完了したと明らかにした。 Peri-Per
保険サンライフ、20年までに加入者500万人増へ 保険サンライフ・オブ・カナダ(フィリピン)はこのほど、同社の加入者数が2020年までに500万人になるとの見通しを示した。 サンライフ・オブ・カナダ(フィ
サンミゲル、バスターミナル建設を計画 コングロマリット(複合企業)サンミゲルは6月4日、運輸省に対し、バスターミナルなどの建設計画を提出した。総工費は100億ペソに上る見込み。これにより、公共交通シ