IP E-Game Ventures、子会社の株式48%売却へ

IP E-Game Venturesはこのほど、子会社のデジタル・パラダイスの株式48%を売却すると発表した。

デジタル・パラダイスはネットカフェの「ネットピア」を運営するほか、コンピューターのレンタル事業を行っている。一方、IP E-Game Venturesは消費者が無料Wi-Fiなどの利用にシフトしていることを理由に、デジタル・パラダイスの株式6290万株を放出する見通し。

デジタル・パラダイスは2018年に3140万ペソの赤字を計上。これは2017年の赤字額4320万ペソより低かったものの、2016年の赤字額430万ペソを上回っている。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

フィリピン航空、ボーイングから機材導入計画 フィリピン航空のハイメ・バウティスタ社長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、同社が現在、米航空機大手ボーイングと新機材の導入について協議している。 フィ
シェーキーズ、Peri-Peri Charcoal Chickenの買収完了 シェーキーズ・ピザ・アジア・ベンチャーズは6月5日、Peri-Peri Charcoal Chickenの買収を完了したと明らかにした。 Peri-Per
保険サンライフ、20年までに加入者500万人増へ 保険サンライフ・オブ・カナダ(フィリピン)はこのほど、同社の加入者数が2020年までに500万人になるとの見通しを示した。 サンライフ・オブ・カナダ(フィ
サンミゲル、バスターミナル建設を計画 コングロマリット(複合企業)サンミゲルは6月4日、運輸省に対し、バスターミナルなどの建設計画を提出した。総工費は100億ペソに上る見込み。これにより、公共交通シ