EDC、ボラカイの湿地保全に1000万ペソ投入

ENERGY Development Corp (EDC)はこのほど、ボラカイの湿地保全に1000万ペソを投じる計画だと明らかにした。CSR(企業の社会的責任)活動の一環として実施する。

EDCは2018年、天然資源・環境省とボラカイにある「湿地保全公園(BWCP)」の開発に関して覚書(MOU)を結んだ。EDCはMOUに基づき、BWCPの生物多様性の保護や森林破壊対策を講じていく見込み。

具体的には、湿地周辺に歩道やデッキ、インフォメーションセンター、そのほかの来訪者向けの設備などを整備していく。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ダブルドラゴン、ジョリビータワーを完成 不動産大手ダブルドラゴン・プロパティーはこのほど、マニラ首都圏パシッグ市オルティガス・センターに新設した「ジョリビータワー」の完成記念式典を開催した。 ジ
メガワールド、マニラ市にホテルを新設 不動産大手メガワールドはこのほど、マニラ市ビノンドに「ホテル・ラッキー・チャイナタウン」をオープンした。総工費は7億5000万ペソに上る。 ホテル・ラッキ
二輪車の台湾キムコ、10億ペソで比に新工場設置へ 台湾の二輪車大手、光陽工業(キムコ)はこのほど、フィリピンに新たな生産拠点を建設する計画だと発表した。総工費は10億ペソに上る見込みだ。 フィリピン子会社
インドネシア企業、比でコーヒー製造を計画 貿易産業省はこのほど、インドネシアのマヨラ社がフィリピンにコーヒーの製造・加工施設を建設する計画だと発表した。投資額は向こう5年で8000万米ドルに上ると見込ま