EDC、ボラカイの湿地保全に1000万ペソ投入

ENERGY Development Corp (EDC)はこのほど、ボラカイの湿地保全に1000万ペソを投じる計画だと明らかにした。CSR(企業の社会的責任)活動の一環として実施する。

EDCは2018年、天然資源・環境省とボラカイにある「湿地保全公園(BWCP)」の開発に関して覚書(MOU)を結んだ。EDCはMOUに基づき、BWCPの生物多様性の保護や森林破壊対策を講じていく見込み。

具体的には、湿地周辺に歩道やデッキ、インフォメーションセンター、そのほかの来訪者向けの設備などを整備していく。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アヤラ・コープ、上半期は純利益が2倍超に拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は561億4000万ペソとなり、前年同期の276億4000万ペソ
比でのIPOは急がず、エアアジアが言及 フィリピンでの新規株式公開(IPO)は急がない――。格安航空会社(LCC)エアアジアのトニー・フェルナンド最高経営責任者(CEO)はこのほど、こうした考えを示し
フェニックス・ペトロリアム、上半期は7%減益 フィリピンのフェニックス・ペトロリアムの2019年上半期(1~6月)の純利益は8億9683万ペソとなり、前年同期の9億6980万ペソから7%減少した。 売
不動産ロビンソンズ・ランド、上半期は20%増益確保 不動産大手ロビンソンズ・ランドはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は40億ペソとなり、前年同期の33億3000万ペソから20%増えたと明らかに