比MyEGと香港Finda、生態認証サービスで連携

電子政府事業を手掛けるフィリピンのMyEG Philippines (MyEG)はこのほど、香港のFinda International Consultancy & Management (Finda)と、携帯端末を利用したリアルタイムの生態認証サービスで連携することで合意した。

Findaはリアルタイムの顔認証システム技術を持ち、各国政府や金融機関、医療機関に対し、サービスを提供している。

同社のチェン・インジェ取締役は「デジタルセキュリティーに関する議論の高まりを受けた電子ソリューションのニーズが伸びていることから、フィリピンはわが社にとって戦略的な市場となっている」と説明した。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アヤラ・コープ、上半期は純利益が2倍超に拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は561億4000万ペソとなり、前年同期の276億4000万ペソ
比でのIPOは急がず、エアアジアが言及 フィリピンでの新規株式公開(IPO)は急がない――。格安航空会社(LCC)エアアジアのトニー・フェルナンド最高経営責任者(CEO)はこのほど、こうした考えを示し
フェニックス・ペトロリアム、上半期は7%減益 フィリピンのフェニックス・ペトロリアムの2019年上半期(1~6月)の純利益は8億9683万ペソとなり、前年同期の9億6980万ペソから7%減少した。 売
不動産ロビンソンズ・ランド、上半期は20%増益確保 不動産大手ロビンソンズ・ランドはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は40億ペソとなり、前年同期の33億3000万ペソから20%増えたと明らかに