中国のCCECC、マカティ市での地下鉄開発に参画

中国のChina Civil Engineering Construction Corp (CCECC)は、マニラ首都圏マカティ市での地下鉄建設計画を後押しするため、Philippine Infradev Holdings(IRC)に3億5000万米ドルを投じる見通しだ。

IRCは1月29日付の声明で、総工費38億米ドルに上るマカティ市の地下鉄建設プロジェクトで、CCECCと連携することで覚書(MOU)を結んだと発表した。

契約では両社は2019年5月31日までに、デューデリジェンスを終える見込み。

MOUでは、IRC率いるコンソーシアムが10月に地下鉄建設を開始することをマカティ市政府が承認したことなどが記載されている。


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アヤラ・コープ、上半期は純利益が2倍超に拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は561億4000万ペソとなり、前年同期の276億4000万ペソ
比でのIPOは急がず、エアアジアが言及 フィリピンでの新規株式公開(IPO)は急がない――。格安航空会社(LCC)エアアジアのトニー・フェルナンド最高経営責任者(CEO)はこのほど、こうした考えを示し
フェニックス・ペトロリアム、上半期は7%減益 フィリピンのフェニックス・ペトロリアムの2019年上半期(1~6月)の純利益は8億9683万ペソとなり、前年同期の9億6980万ペソから7%減少した。 売
不動産ロビンソンズ・ランド、上半期は20%増益確保 不動産大手ロビンソンズ・ランドはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は40億ペソとなり、前年同期の33億3000万ペソから20%増えたと明らかに