Northport、比をハラル・バリューチェーンに組み込み狙う

マレーシアのNorthport (Malaysia)はこのほど、ハラル・バリューチェーン「ハラル・シルクロード」の構築に向け、フィリピンで事業のパートナーを探していると明らかにした。

フィリピンには約1100万人のイスラム教徒が暮らす上、同国のハラル製品の輸出額は55億2000万ペソに上っている。

一方、フィリピンではハラル認証やハラル製品に関する企業の知識不足も指摘されている。同時に物流に課題が残る上、製品の価格競争力にも問題がある。このためNorthportは、フィリピン企業のハラル製品にマレーシアのハラル認証を提供する意向。またマレーシアには物流拠点があるため、そちらを通じて世界にフィリピンのハラル製品を送り出せるとしている。

世界のハラル製品市場は2016年に453億米ドル規模だったが、2020年までに583億米ドルに拡大するとみられている。

(The Manila Times 2019年3月6日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

次のスタートアップ企業のハブ、バギオに熱視線 バギオは次のスタートアップ企業のハブになる――。マニラ首都圏に続くスタートアップ企業の投資先としてセブ州やカビテ州が注目される中、バギオへの関心が高まっている。
LTグループ、19年の設備投資予算を110億ペソに拡大 持ち株会社LTグループはこのほど、2019年通年の設備投資額を前年の110億ペソから73%増やして190億ペソにする計画だと明らかにした。 LTグループの
SMプライム、1Qは16%増益確保 不動産開発大手SMプライム・ホールディングスはこのほど、同社の第1四半期(1~3月)の純利益が88億ペソとなり、前年同期の76億ペソから16%増えたと明らかにし
グローブ、1Qの純利益が44%拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープ傘下の通信大手グローブ・テレコムはこのほど、同社の第1四半期(1~3月)の純利益は前年の47億ペソから44%拡大し、6