コワーキングスペースのKMC、アラバンに新拠点

フィリピン最大のコーワキングスペース運営会社KMCはこのほど、マニラ首都圏モンテンルパ市アラバンに新たなオフィススペースを開設した。同社がアラバンに拠点を持つのはこれが初めて。

新拠点はアバランのフィリンベストシティーの「One Griffinstone」に立地する。フィリンベストシティーはフィリピン商工会議から国内で最もビジネスに適した拠点の一つとして認められている。

アラバンの新拠点を加え、KMCの保有するオフィススペースは計5万2000平方メートルに上る。オフィススペースがある場所はアラバンのほか、マカティ、ボニファシオグローバルシティー、オルティガス、セブ、ケソン、マンダルヨンという。

(The Manila Times 2019年3月5日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

石油ペトロン、18年は50%減益に 石油元売り大手ペトロンは3月12日、同社の2018年の純利益は前年から50%減少して71億ペソにとどまったと明らかにした。国際原油価格の下落を受け、2018年1
DMCI、19年の設備投資予算を15%拡大へ コングロマリット(複合企業)DMCIはこのほど、2019年の設備投資額を前年の270億ペソから15%増やし310億ペソに引き上げる計画だと明らかにした。
バターン州で10億米ドルの発電所計画、韓国企業 バターン州と韓国のHanjo Group Manufacturingはこのほど、同州での出力600メガワット(MW)の火力発電所の建設で合意した。投資額は10億
香港メトロジェット、クラークに航空複合拠点建設へ 香港のメトロジェットはこのほど、パンパンガ州クラークで、航空機の駐機場やメンテナンス設備から成る複合拠点の建設を開始した。投資額は2500万米ドルという。