世銀が比成長予測を下方修正

世界銀行はこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率予測を、以前の前年比6.5%から6.4%に下方修正した。予算成立の遅れ、エルニーニョ現象、貿易などの面で不安要因があるとみている。

一方、フィリピン証券取引所株価指数(PSEi)は1.02%下落して、7840.31となった。フィデリティー証券のジェネシス・デラペーニャ氏は「世銀がフィリピンの成長率予測の引き下げが市場に影響した」と説明する。

世銀はさらに、2020年と2021年のGDP伸び率見通しに関しても当初予測の6.6%から6.5%に下方修正している。

(The Manila Times 2019年4月2日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ダブルドラゴン、ジョリビータワーを完成 不動産大手ダブルドラゴン・プロパティーはこのほど、マニラ首都圏パシッグ市オルティガス・センターに新設した「ジョリビータワー」の完成記念式典を開催した。 ジ
メガワールド、マニラ市にホテルを新設 不動産大手メガワールドはこのほど、マニラ市ビノンドに「ホテル・ラッキー・チャイナタウン」をオープンした。総工費は7億5000万ペソに上る。 ホテル・ラッキ
二輪車の台湾キムコ、10億ペソで比に新工場設置へ 台湾の二輪車大手、光陽工業(キムコ)はこのほど、フィリピンに新たな生産拠点を建設する計画だと発表した。総工費は10億ペソに上る見込みだ。 フィリピン子会社
インドネシア企業、比でコーヒー製造を計画 貿易産業省はこのほど、インドネシアのマヨラ社がフィリピンにコーヒーの製造・加工施設を建設する計画だと発表した。投資額は向こう5年で8000万米ドルに上ると見込ま