プリマークが拠点増設積極化、タクバロンに新拠点

フィリピン・プリマーク・プロパティーズ(プリマーク)が拠点の設置を推し進めている。同社はこのほど、タクバロン市カイバーンに複合商業施設「カイバーン・タウンセンター」を開設した。プリマークは遠隔地での店舗網拡充を進めており、新拠点設置はこの一環だ。

プリマークが「タウンセンター」と位置付ける店舗は利便性の高いショッピング向けの店舗を揃えた商業施設で、新拠点はタウンセンターとして36カ所目の拠点となる。

カイバーン・タウンセンターの延床面積は6244平方メートル。スーパーマーケットの「セーブモア」に加え、ファストフードの「マクドナルド」「ダンキンドーナツ」などさまざまな店舗が入居する。

プリマークは現在、国内の40を超える主要都市に店舗網を構築している。

(The Manila Times 2019年4月30日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

仏ナバル、韓進のスービック造船所買収検討 フランスの政府系造船企業ナバル・グループが、スービックにある韓国・韓進重工業フィリピンの造船所の買収を検討している。 フィリピン投資委員会(BOI)のセフ
セブパシ、ビサヤ・ミンダナオ―アジア路線拡充へ 格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空はこのほど、ビサヤ地方、ミンダナオ地方と、アジア諸国やオーストラリアを結ぶ路線を拡大する方針だと明らかにした。
アライアンス・グローバル、24年までに4100億ペソ投資計画 アライアンス・グローバル・グループ(AGI)はこのほど、2020~2024年に設備投資に4100億ペソを投じると明らかにした。 2020~2024年の設備
センチュリー・パシフィック、製品多角化に20億ペソ 食品大手センチュリー・パシフィック・フード(CNPF)は新製品の多角化を図る意向だ。これに20億ペソを投じるという。 CNPFはミンダナオ島ジェネラルサン