プリマークが拠点増設積極化、タクバロンに新拠点

フィリピン・プリマーク・プロパティーズ(プリマーク)が拠点の設置を推し進めている。同社はこのほど、タクバロン市カイバーンに複合商業施設「カイバーン・タウンセンター」を開設した。プリマークは遠隔地での店舗網拡充を進めており、新拠点設置はこの一環だ。

プリマークが「タウンセンター」と位置付ける店舗は利便性の高いショッピング向けの店舗を揃えた商業施設で、新拠点はタウンセンターとして36カ所目の拠点となる。

カイバーン・タウンセンターの延床面積は6244平方メートル。スーパーマーケットの「セーブモア」に加え、ファストフードの「マクドナルド」「ダンキンドーナツ」などさまざまな店舗が入居する。

プリマークは現在、国内の40を超える主要都市に店舗網を構築している。

(The Manila Times 2019年4月30日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

次のスタートアップ企業のハブ、バギオに熱視線 バギオは次のスタートアップ企業のハブになる――。マニラ首都圏に続くスタートアップ企業の投資先としてセブ州やカビテ州が注目される中、バギオへの関心が高まっている。
LTグループ、19年の設備投資予算を110億ペソに拡大 持ち株会社LTグループはこのほど、2019年通年の設備投資額を前年の110億ペソから73%増やして190億ペソにする計画だと明らかにした。 LTグループの
SMプライム、1Qは16%増益確保 不動産開発大手SMプライム・ホールディングスはこのほど、同社の第1四半期(1~3月)の純利益が88億ペソとなり、前年同期の76億ペソから16%増えたと明らかにし
グローブ、1Qの純利益が44%拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープ傘下の通信大手グローブ・テレコムはこのほど、同社の第1四半期(1~3月)の純利益は前年の47億ペソから44%拡大し、6