フィリンベスト、19年の設備投資に390億ペソ

フィリンベストは積極的な投資により不動産事業を拡大させる意向だ。同社はこのほど、2019年に不動産事業を拡大するために390億ペソを設備投資として振り向けると明らかにした。

フィリンベストは設備投資予算をパンパンガ州での「Mimosa + Leisure City」プロジェクトやクラーク国際空港、ニュークラークシティーでのタウンシップ事業の第1期などに振り向ける。さらに同社はリース事業として、ホテルを10カ所に新設し、展開するホテルの客室数を2600室分増やす。これにより2023年までに手掛けるホテルの部屋数を5000室に引き上げる意向だ。

フィリンベストの2018年の純利益は前年比30%増の134億ペソ。売上高は8.4%増の733億ペソを確保した。

(The Manila Times 2019年4月29日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

仏ナバル、韓進のスービック造船所買収検討 フランスの政府系造船企業ナバル・グループが、スービックにある韓国・韓進重工業フィリピンの造船所の買収を検討している。 フィリピン投資委員会(BOI)のセフ
セブパシ、ビサヤ・ミンダナオ―アジア路線拡充へ 格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空はこのほど、ビサヤ地方、ミンダナオ地方と、アジア諸国やオーストラリアを結ぶ路線を拡大する方針だと明らかにした。
アライアンス・グローバル、24年までに4100億ペソ投資計画 アライアンス・グローバル・グループ(AGI)はこのほど、2020~2024年に設備投資に4100億ペソを投じると明らかにした。 2020~2024年の設備
センチュリー・パシフィック、製品多角化に20億ペソ 食品大手センチュリー・パシフィック・フード(CNPF)は新製品の多角化を図る意向だ。これに20億ペソを投じるという。 CNPFはミンダナオ島ジェネラルサン