米人気ハンバーガー店Shake Shack、マニラに5月オープン

米ニューヨークの人気ハンバーガー店「Shake Shack」が5月10日、タギッグ市簿にファシオハイストリートの「セントラルスクエア」内に、マニラ店をオープンする。

フィリピン進出に当たり、Shake Shackは既存の人気メニューとともにフィリピン人向けのフィリピン・オリジナルの食材を使ったデザートとドリンクも導入する。カラマンシーやウベなどを使ったデザートやドリンクを準備している。

Shake Shackはニューヨークのマディソンスクエアに出されたホットドッグを売るカートから事業をスタート。現在はニューヨークで人気のハンバーガー店となっている。

(The Manila Times 2019年5月2日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

仏ナバル、韓進のスービック造船所買収検討 フランスの政府系造船企業ナバル・グループが、スービックにある韓国・韓進重工業フィリピンの造船所の買収を検討している。 フィリピン投資委員会(BOI)のセフ
セブパシ、ビサヤ・ミンダナオ―アジア路線拡充へ 格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空はこのほど、ビサヤ地方、ミンダナオ地方と、アジア諸国やオーストラリアを結ぶ路線を拡大する方針だと明らかにした。
アライアンス・グローバル、24年までに4100億ペソ投資計画 アライアンス・グローバル・グループ(AGI)はこのほど、2020~2024年に設備投資に4100億ペソを投じると明らかにした。 2020~2024年の設備
センチュリー・パシフィック、製品多角化に20億ペソ 食品大手センチュリー・パシフィック・フード(CNPF)は新製品の多角化を図る意向だ。これに20億ペソを投じるという。 CNPFはミンダナオ島ジェネラルサン