MPIC、有料道路と病院事業の株式放出へ

メトロパシフィック・インベストメンツ(MPIC)は5月27日、有料道路事業と病院事業の株式をそれぞれ放出する意向だと明らかにした。

MPICのマヌエル・パンギリナン会長は27日に開催された年次株主総会で、子会社のメトロパシフィック・トールウェイズ(MPTC)の株式20%を売り出す方向だと明かした。同時に、放出する株式の具体的な数は決まっていないが、病院運営のメトロパシフィック・ホスピタル(MPHHI)の株式も売り出すとしている。

MPICはすでにMPHHIの株式売却に関してプライベート・エクイティ・ファンドと協議に入っている。MPTCについても別の組織と協議中だ。

(The Manila Times 2019年5月28日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アヤラ・コープ、上半期は純利益が2倍超に拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は561億4000万ペソとなり、前年同期の276億4000万ペソ
比でのIPOは急がず、エアアジアが言及 フィリピンでの新規株式公開(IPO)は急がない――。格安航空会社(LCC)エアアジアのトニー・フェルナンド最高経営責任者(CEO)はこのほど、こうした考えを示し
フェニックス・ペトロリアム、上半期は7%減益 フィリピンのフェニックス・ペトロリアムの2019年上半期(1~6月)の純利益は8億9683万ペソとなり、前年同期の9億6980万ペソから7%減少した。 売
不動産ロビンソンズ・ランド、上半期は20%増益確保 不動産大手ロビンソンズ・ランドはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は40億ペソとなり、前年同期の33億3000万ペソから20%増えたと明らかに