SMBが海外展開加速、越と米で生産拠点新設を計画

ビール大手サンミゲル・ブリュワリー(SMB)はこのほど、ビール需要の伸びを受け、7000万米ドルを投じ、ベトナムにビールの生産拠点を新設する計画だと明らかにした。さらに米国でも新たな生産拠点の建設地を探している。

SMBのラモン・アン会長は5月28日に開催された記者会見で、ベトナムに新設する生産拠点は年間200万ヘクトリットルのビールを生産する能力を持つと説明した。ベトナムには既存の生産拠点があるが、生産容量は小さいという。

SMBは先に、1億米ドルを投じて米ロサンゼルスに年産能力200万トンのビール生産施設を建設すると明らかにしたばかり。

同社は中国、香港、タイ、インドネシアにも生産拠点を持つ。

(The Manila Times 2019年5月29日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アヤラ・コープ、上半期は純利益が2倍超に拡大 コングロマリット(複合企業)アヤラ・コープはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は561億4000万ペソとなり、前年同期の276億4000万ペソ
比でのIPOは急がず、エアアジアが言及 フィリピンでの新規株式公開(IPO)は急がない――。格安航空会社(LCC)エアアジアのトニー・フェルナンド最高経営責任者(CEO)はこのほど、こうした考えを示し
フェニックス・ペトロリアム、上半期は7%減益 フィリピンのフェニックス・ペトロリアムの2019年上半期(1~6月)の純利益は8億9683万ペソとなり、前年同期の9億6980万ペソから7%減少した。 売
不動産ロビンソンズ・ランド、上半期は20%増益確保 不動産大手ロビンソンズ・ランドはこのほど、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益は40億ペソとなり、前年同期の33億3000万ペソから20%増えたと明らかに