セブパシ、ビサヤ・ミンダナオ―アジア路線拡充へ

格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空はこのほど、ビサヤ地方、ミンダナオ地方と、アジア諸国やオーストラリアを結ぶ路線を拡大する方針だと明らかにした。

セブ・パシフィック航空は先に、仏航空機大手エアバスと新たにA321XLRを10機購入することで契約を結んだ。同航空のランス・ゴコンウェイ社長兼最高経営責任者(CEO)は「新機材を2023年から2024年までに導入できれば、観光スポットとなっているビサヤ地方とミンダナオ地方に乗り入れる長距離便を増やすことをできるだろう」と説明した。

セブ・パシフィック航空を運営するセブ・エアは6月、エアバスに計68億米ドル分の新機材を発注した。

(The Manila Times 2019年7月2日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

メガワールド、セブにホテル新設 不動産大手メガワールドはこのほど、11月にセブ州ラプラプ市のマクタンニュータウンで、新たなホテル「サボイ・ホテル・マクタン」をオープンする計画だと明らかにした。
世銀、19年の比の成長率見通しを下方修正 世界銀行はこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを下方修正した。 世銀は今回、フィリピンのGDP伸び率予測を従来の6.4%から
グローブ、5G通信サービス網を拡充 通信大手グローブ・テレコムはこのほど、マニラ首都圏以外の地域を対象に第5世代(5G)通信サービス網の整備を進めていると明らかにした。 同社は5G通信サービ
F&Sホールディングス、フィリピン・エアアジア運営会社への出資比率引き上げ F&Sホールディングスはこのほど、格安航空会社(LCC)フィリピン・エアアジアを運営するエアアジア(AAI)への出資比率をこれまでの44.4%から60%