センチュリー・パシフィック、製品多角化に20億ペソ

食品大手センチュリー・パシフィック・フード(CNPF)は新製品の多角化を図る意向だ。これに20億ペソを投じるという。

CNPFはミンダナオ島ジェネラルサントス市にツナ缶を生産する新工場を建設しており、第4四半期(10~12月)に完工の見込み。新工場の年産能力は100トンになる予定だ。

さらに中核事業であるツナ缶事業以外でも、牛乳事業と精肉事業を伸ばす。今後に牛乳部門を事業全体の20%に伸ばし、逆にツナ缶事業が占める割合を32%に引き下げたいという。

CNPFは事業の多角化を進めつつ、2019年の純利益と売上高をそれぞれ前年から10~15%増やす意向だ。

(The Manila Times 2019年7月2日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

メガワールド、セブにホテル新設 不動産大手メガワールドはこのほど、11月にセブ州ラプラプ市のマクタンニュータウンで、新たなホテル「サボイ・ホテル・マクタン」をオープンする計画だと明らかにした。
世銀、19年の比の成長率見通しを下方修正 世界銀行はこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを下方修正した。 世銀は今回、フィリピンのGDP伸び率予測を従来の6.4%から
グローブ、5G通信サービス網を拡充 通信大手グローブ・テレコムはこのほど、マニラ首都圏以外の地域を対象に第5世代(5G)通信サービス網の整備を進めていると明らかにした。 同社は5G通信サービ
F&Sホールディングス、フィリピン・エアアジア運営会社への出資比率引き上げ F&Sホールディングスはこのほど、格安航空会社(LCC)フィリピン・エアアジアを運営するエアアジア(AAI)への出資比率をこれまでの44.4%から60%