メラルコ、上半期は純利益が120億ペソに

電力大手メラルコは7月29日、同社の2019年上半期(1~6月)の純利益が120億ペソとなり、前年並みを維持したと発表した。

メラルコのベティ・シー・ヤップ最高財務責任者(CFO)は7月29日日に開催された記者会見で、中核部門の純利益は上半期に前年同期の109億ペソから14%増えて123億ペソになったと説明した。

また連結売上高は前年同期の1505億ペソに比べて10%増え、1650億ペソに上った。上半期の売電量は2万2823ギガワット時となり、前年同引き5.3%のプラスとなっている。顧客数は6月末時点で674万5000人に上り、4.3%の伸びを見せた。

一方、非電力部門の売上高は37億ペソで、前年同期から若干増えている。

(The Manila Times 2019年7月30日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アボイティス・パワー、クリスマスまでに越の風力発電所買収を完了へ アボイティス・パワーはこのほど、ベトナムの風力発電所の買収をクリスマスまでに完了させる見通しだと明らかにした。買収額は約4600万米ドルに上る。 同社は8
通信グローブ、無料インターネット提供でマカティ市と連携 通信大手グローブ・テレコムとマカティ市はこのほど、同市の運営する機関・施設での無料インターネットの整備で連携することで合意した。 今回の合意に基づき、グロ
エアアジアがボラカイ路線を拡充、観光需要に対応 格安航空会社(LCC)エアアジア・フィリピンはこのほど、クラーク国際空港とボラカイ島とを結ぶ路線を増便したと明らかにした。ボラカイ島の観光需要の高まりに対応する
アレボ・ランド、ラグナ州で大規模不動産開発プロジェクト実施 アレボ・ランドはこのほど、ラグナ州で国内で最大規模の不動産開発プロジェクト「ブロードフィールド」を実施する見通しだ。 同社はラグナ州の120ヘクタールの用