メラルコ、再生可能エネルギー事業推進へ

マニラ・エレクトリック(メラルコ)は9月25日、再生可能エネルギー事業を拡大するとの計画を明らかにした。

メラルコは石炭火力発電から再生可能エネルギー発電への転換を進めたいとする。同社のレイ・エスピノサ最高経営責任者(CEO)は先に開催されたエネルギー関連の国際イベントで、「われわれはハイカーボンからローカーボン、叶うのであれば、ゼロカーボンへの転換に向けて注力しており、再生可能エネルギー部門への取り組みを進めている」と語った。さらに「地球温暖化を防止するには、再生可能エネルギーへの転換は避けられないものだ」と強調している。

(The Manila Times 2019年9月24日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

メガワールド、セブにホテル新設 不動産大手メガワールドはこのほど、11月にセブ州ラプラプ市のマクタンニュータウンで、新たなホテル「サボイ・ホテル・マクタン」をオープンする計画だと明らかにした。
世銀、19年の比の成長率見通しを下方修正 世界銀行はこのほど、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを下方修正した。 世銀は今回、フィリピンのGDP伸び率予測を従来の6.4%から
グローブ、5G通信サービス網を拡充 通信大手グローブ・テレコムはこのほど、マニラ首都圏以外の地域を対象に第5世代(5G)通信サービス網の整備を進めていると明らかにした。 同社は5G通信サービ
F&Sホールディングス、フィリピン・エアアジア運営会社への出資比率引き上げ F&Sホールディングスはこのほど、格安航空会社(LCC)フィリピン・エアアジアを運営するエアアジア(AAI)への出資比率をこれまでの44.4%から60%