ケソン州で出力500MWの石炭火力発電所が稼働

マニラ・エレクトリック(メラルコ)と、タイのエレクトリシティー・ジェネレーション・パブリックの完全子会社ニュー・グロースの合弁会社San Buenaventura Power (SBPL)はこのほど、ケソン市で、出力500メガワット(MW)の石炭火力発電所を完成させたと明らかにした。

SBPLは今後、期間20年の電力供給協定(PSA)に基づき、メラルコに対し、電力を供給することになる。

石炭火力発電所は9月26日に商業運転を開始し、すでにルソン地方に電力を供給している。

(The Manila Times 2019年10月16日)


post in フィリピンの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

アボイティス・パワー、クリスマスまでに越の風力発電所買収を完了へ アボイティス・パワーはこのほど、ベトナムの風力発電所の買収をクリスマスまでに完了させる見通しだと明らかにした。買収額は約4600万米ドルに上る。 同社は8
通信グローブ、無料インターネット提供でマカティ市と連携 通信大手グローブ・テレコムとマカティ市はこのほど、同市の運営する機関・施設での無料インターネットの整備で連携することで合意した。 今回の合意に基づき、グロ
エアアジアがボラカイ路線を拡充、観光需要に対応 格安航空会社(LCC)エアアジア・フィリピンはこのほど、クラーク国際空港とボラカイ島とを結ぶ路線を増便したと明らかにした。ボラカイ島の観光需要の高まりに対応する
アレボ・ランド、ラグナ州で大規模不動産開発プロジェクト実施 アレボ・ランドはこのほど、ラグナ州で国内で最大規模の不動産開発プロジェクト「ブロードフィールド」を実施する見通しだ。 同社はラグナ州の120ヘクタールの用