貧困層へのボランティアを日系企業が支援

2016年より活動を開始した非営利団体Duterte’s Kitchenでは、貧困層へのボランティアを多くの日本企業の支援により各地で開催されている。11月6日はNetworld Hotelや神戸クリニックを経営するJipang Groupと太陽光発電機器を販売しているSUSTENA(本社 神奈川県)の支援により、マラウィの津波によりカローカンへ避難してきた住民と小学校の生徒へ2000食のお粥が振る舞われた。

Duterte’s Kitchenは月曜日から金曜日まで毎日行われ、ボランティア団体によって運営されている。


post in フィリピンの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

2月1日 日本航空、マニラ=羽田便就航 日本航空(JAL)は、2019年2月1日、マニラ=羽田線の運航を開始した。 当日は23:50のマニラ発便の見送りに合わせ、就航記念セレモニーがNAIAター
ANA YOSE LIVE IN MANILA 2019開催 今年も全編英語による「ANA YOSE」がANA(全日本空輸株式会社)、JANPAN FOUNDATION(国際交流基金)との共催で、落語家と曲芸師の計5名を招
UCC 海外発のコーヒーアカデミーを開校 11月5日ボニファシオのUPtown Paradeの3階にフィリピン人のコーヒーの知識習得を目的としたUCC Academyが開校した。開校式当日は日本大使館羽
福岡銀行、パートナー銀行にBDOを選ぶ  日本の第3位の地方銀行である福岡銀行(BOF)は、フィリピンにおける事業の拡大や店舗の設立を目的にフィリピン最大の商業銀行であるBDOユニバンクをパートナー銀