ANA YOSE LIVE IN MANILA 2019開催

今年も全編英語による「ANA YOSE」がANA(全日本空輸株式会社)、JANPAN FOUNDATION(国際交流基金)との共催で、落語家と曲芸師の計5名を招いて1月26日に開催された。

応募総数4500名の中から当選した約450名の観客が会場に集まり、日本の伝統芸能を堪能した。演目は、桂かい枝よる落語、桂あさ吉による笛の演奏と落語、カナダ出身の桂福龍、暁あんこの足芸、林家笑丸による落語と2時間半に及ぶ熱演が繰り広げられた。初めて落語を聞くフィリピン人が大多数な中、様々な情景が次々と浮かぶ落語の面白さに観衆は引き込まれ、会場は終始笑いで包まれ、大盛況のうちに幕を閉じた。


post in フィリピンの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

2月1日 日本航空、マニラ=羽田便就航 日本航空(JAL)は、2019年2月1日、マニラ=羽田線の運航を開始した。 当日は23:50のマニラ発便の見送りに合わせ、就航記念セレモニーがNAIAター
貧困層へのボランティアを日系企業が支援 2016年より活動を開始した非営利団体Duterte's Kitchenでは、貧困層へのボランティアを多くの日本企業の支援により各地で開催されている。11月6日
UCC 海外発のコーヒーアカデミーを開校 11月5日ボニファシオのUPtown Paradeの3階にフィリピン人のコーヒーの知識習得を目的としたUCC Academyが開校した。開校式当日は日本大使館羽
福岡銀行、パートナー銀行にBDOを選ぶ  日本の第3位の地方銀行である福岡銀行(BOF)は、フィリピンにおける事業の拡大や店舗の設立を目的にフィリピン最大の商業銀行であるBDOユニバンクをパートナー銀