2月1日 日本航空、マニラ=羽田便就航

日本航空(JAL)は、2019年2月1日、マニラ=羽田線の運航を開始した。

当日は23:50のマニラ発便の見送りに合わせ、就航記念セレモニーがNAIAターミナル1にて開催された。同セレモニーにはJAL取締役常務の大貫氏も出席し、搭乗者に記念品を手渡し見送った。

大貫氏は挨拶のなかで「経済成長著しいフィリピンからの訪日旅行者が5年で5倍に急増しており、今後訪日旅行者の需要が高まると見込まれていることから、新たに同便の開設をおこなうことになりました。また、マニラ発羽田着便は早朝着のダイヤのため羽田発着のJALグループ便が就航する国内34空港のネットワーク全ての始発便への乗り継ぎも可能となり、日本をより満喫して頂けます。」と同便の利便性を強調した。

同便の就航をもってJALは成田線と併せてマニラ=東京間は毎日3便運航することになり、フレキシブルなフライトスケジュールを組む事ができるようになる。

具体的な運航ダイヤは、JL077便が0時05分羽田発・3時55分マニラ着、JL078便が23時50分マニラ発・翌日4時55分羽田着で毎日運航、使用機材はボーイング737-800。

また、3月31日からは機材を787に変更し更に搭乗者の快適性を向上させるという。


post in フィリピンの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

日本は6万人の介護士必要=POEA 日本は向こう5年で6万人の介護士を必要としている――。フィリピン海外雇用調(POEA)のバーナード・オラリア担当官が6月25日、日本では労働力不足と高齢化により
ホテルオークラマニラ、キリンビールを歓迎 年内開業を予定しているホテルオークラマニラは6月7日に、GM、Jan Marshall氏、Food & Beverageマネージャー/エグゼクティブシェ
JETRO 「健康長寿広報展 in マニラ」を開催 日本貿易振興機構(JETRO)は、日本の健康長寿関連製品・サービスをフィリピンの消費者向けに紹介する「健康長寿広報展 in マニラ」(会場:大型ショッピングモー
北海道フードテイスティングフェア2019を開催 3月1日(金)から3月3日(日)まで、Glorietta Activity Center (Palm Drive, Ground Floor, Gloriett