CESTATES、不動産の完全デジタル化へソフトローンチ

CESTATESは7月15日、自社が開発したブロックチェーン技術を応用したプラットフォームを用い、完全デジタル化された不動産売買事業を今月中にソフトローンチするとプレスカンファレンスで発表した。

プレスカンファレンスには、フィリピンの主要メディア( Manila Times、INQUIRER Business、MANILA BULLETIN 他) が一堂に介し、ブロクチェーン技術の応用、不動産のトークン化、DPA(Degital Propaty Asset:トークン化された価格)などについて活発な質疑応答が行われた。

ブロックチェーン技術を応用したプラットフォームを利用する不動産売買はアジア初の試みだ。

ソフトローンチを目前に控え、CESTATES社長の角田照男氏は、「弊社の目的は流動性の低い不動産業界に流動性をもたらすことで、より多くの海外投資家を不動産市場へ呼び込み、市場の活性化を目指すことです。また、不動産取引においての公平性、透明性を確保できるこのブロックチェーン技術は不動産取引と非常に相性が良いと考えています。デジタル化、キャッシュレス化が進む昨今においてまさに不動産業界も取引形態の変革期を迎えていると考えます。弊社C Estates Platformはアジア初のデジタル不動産取引プラットフォームとして、今後、不動産業界に革命を起こすことと信じています。」と述べた。一般公開は12月中を予定している。

(2019年7月15日)


post in フィリピンの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

LPガスのIsla LPG Corp.が料理対決イベントを開催 日系のLPガス供給会社であるIsla LPG Corp.が6日に料理対決イベントSOLANE KITCHEN HEROを開催した。多くの企業の協賛を得た同イベン
Ilana Atelierがウェディングブランドのローンチパーティーを開催 新たに法人設立されたウェディング・イブニングドレスコレクションの製造・販売を行なっているIlana Atelierが、ブランドローンチパーティーを開催した。
給与前払いサービスを日系企業がリリース SALARY EX. LENDING CORPORATION(本社:マカティ)が給与前払いサービスを正式リリースした。給料日前であっても従業員の実稼働分の中から
TAU 、板金事業 Body Works Philippines竣工式 車の売却サービスで有名なTAUが、鈑金塗装及び整備を行う新会社を設立し、TAU Body Works Philippines(TBW)の竣工式が8月30日(金