TAU 、板金事業 Body Works Philippines竣工式

車の売却サービスで有名なTAUが、鈑金塗装及び整備を行う新会社を設立し、TAU Body Works Philippines(TBW)の竣工式が8月30日(金)、Calamba,Lagunaにて開催された。TAUフィリピン事務所設立から4年が経過し、買取価格の透明性を確保することが難しいフィリピンで、保険会社と協力して価格の透明性を実現してきたノウハウを、新事業TBWでも維持していく考えだ。

日本TAUの事業展開は全損車の買取サービスだが、今回の新工場では、分損車の修理、メンテナンスを手がけるという、TAUとして全く新しいサービスをフィリピンからスタートすることになった。日本からも技術者を呼び、高品質サービスはもちろん日本語対応の体制も万全だ。また、フィリピン技術者の技術力向上のために育成に力を入れていく。Japan Quolity Service with a Filipino Heart をテーマに、日本品質を維持し、透明性の高い見積もりをTBWでも提供することで、クライアントから信頼を得てきたTAUと同様に安心して利用できる板金サービスとなっている。  またTBWでは故障車の修理サービス事業だけではなく、塗装、コーティング、メンテナンスなど、車に関わる様々なサービスを提供しているのが特徴だ。今後も支店をフィリピン中に続々増やしていく予定だ。

(2019年8月30日)


post in フィリピンの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

博報堂、「THINK FUTURE FORWARD」フォーラム開催 株式会社博報堂のシンクタンクである生活総合研究所は毎年、生活者の意識調査などを踏まえたアセアン各国の研究内容の発表の場としてフォーラムを開催している。今年は2月
CESTATES、不動産の完全デジタル化へソフトローンチ CESTATESは7月15日、自社が開発したブロックチェーン技術を応用したプラットフォームを用い、完全デジタル化された不動産売買事業を今月中にソフトローンチする
日本は6万人の介護士必要=POEA 日本は向こう5年で6万人の介護士を必要としている――。フィリピン海外雇用調(POEA)のバーナード・オラリア担当官が6月25日、日本では労働力不足と高齢化により
ホテルオークラマニラ、キリンビールを歓迎 年内開業を予定しているホテルオークラマニラは6月7日に、GM、Jan Marshall氏、Food & Beverageマネージャー/エグゼクティブシェ