THE LANDMARK, MADISON SQUAREMARKETING 日本産食材サポーター店認定受ける

 2018年6月2日、日本の農林水産省が定めるガイドラインに基づき、JETROは「日本産食材サポーター店」第1号の認定授与式をとり行った。海外で日本産の食材やお酒を積極的に使用し、それらの魅力をPRしている飲食店や小売店が認定の対象となる。今回フィリピンで最初の認定企業となったのは今回授与式に参列したTHE LANDMARK,、MADISON SQUAREMARKETINGに加え、すでに授与式を終えた満福ステーキハウスの3社となった。スーパーマーケットを運営するTHE LANDMARKは食材卸・販売企業であるMADISON SQUAREMARKETINGと協力して日本食材の取り扱いを積極的におこなってきた。該当2社の代表は今後、ナショナルブランドだけでなく日本各地の地方ブランドも手がけていくと発表した。日本からは宮腰光寛内閣総理大臣補佐官、天野正治農林水産省参事官が授与式に参列した。宮腰総理補佐官は「20年間という長い間に日本食材を広めてくださった2社の功績に感謝しています。今後は地方の食材、酒類にも注目いただいているがJETROのネットワークを存分に活用いただきたい。」と語った。


post in フィリピンの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

貧困層へのボランティアを日系企業が支援 2016年より活動を開始した非営利団体Duterte's Kitchenでは、貧困層へのボランティアを多くの日本企業の支援により各地で開催されている。11月6日
UCC 海外発のコーヒーアカデミーを開校 11月5日ボニファシオのUPtown Paradeの3階にフィリピン人のコーヒーの知識習得を目的としたUCC Academyが開校した。開校式当日は日本大使館羽
福岡銀行、パートナー銀行にBDOを選ぶ  日本の第3位の地方銀行である福岡銀行(BOF)は、フィリピンにおける事業の拡大や店舗の設立を目的にフィリピン最大の商業銀行であるBDOユニバンクをパートナー銀
ドール、フィリピン産バナナ輸入開始50周年  ドール(本社:東京都千代田区)は、「スウィーティオバナナ」の、新しいテレビCM「私のご指名」篇を、2018 年4月9日(月)から関西、中京エリア限定でオンエア