爆弾の爆発で11人が死亡、バシラン州

 フィリピン南部バシラン州ラミタン市で7月31日、四輪車に搭載されていた爆弾が爆発し、11人が死亡した。犠牲者には女性1人と子ども1人も含まれているという。
爆弾が積まれていた四輪車は、フィリピン国軍の兵士らが警備ポイントでセキュリティー・チェックのために止めた後に爆発した。この四輪車の中に何人いたのかはわかっていない。一方、メディアは四輪車に乗っていたのは外国人のテロリストだと伝えている。
テロリストはラミタン市の近くからやってきたとみられている。また四輪車の運転手は武装組織アブサヤフのメンバーだとされる。この運転手も死亡した。


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

比への送金手数料、地域で最安値 世界銀行はこのほど、フィリピンへの送金手数料は東アジア・太平地域で最も安いと明らかにした。フィリピンの送金手数料は平均で送金額の3.5%となっており、タイの15
中国工商銀行、フィリピン事業を開始 フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、中国工商銀行(ICBC)がフィリピンで事業を開始したと発表した。 ICBCは2018年2月9日付で、商業銀行免許を
BPI、2018年は3%増益確保 フィリピン・アイランズ銀行(BPI)はこのほど、同行の2018年の純利益が、230億8000万ペソとなり、前年の224億2000万ペソから3%伸びたと明らかにし
台湾銀行、マニラに駐在員事務所開設 フィリピン中央銀行(BPS)は2月8日、公営・台湾銀行がマニラ駐在員事務所を開設したと発表した。 台湾銀行マニラ駐在員事務所は1月31日に営業を開始した。