爆弾の爆発で11人が死亡、バシラン州

 フィリピン南部バシラン州ラミタン市で7月31日、四輪車に搭載されていた爆弾が爆発し、11人が死亡した。犠牲者には女性1人と子ども1人も含まれているという。
爆弾が積まれていた四輪車は、フィリピン国軍の兵士らが警備ポイントでセキュリティー・チェックのために止めた後に爆発した。この四輪車の中に何人いたのかはわかっていない。一方、メディアは四輪車に乗っていたのは外国人のテロリストだと伝えている。
テロリストはラミタン市の近くからやってきたとみられている。また四輪車の運転手は武装組織アブサヤフのメンバーだとされる。この運転手も死亡した。


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ADB、比の中等教育システム改革に3億米ドル拠出 アジア開発銀行(ADB)はこのほど、フィリピンの中等教育システムの改革プログラムに3億米ドルを拠出すると明らかにした。 中等教育の改革プログラムは、すでに
ユニオンバンク、Shiptechに30%出資でデジタル部門強化 ユニオンバンク・オブ・フィリピン(ユニオンバンク)はこのほど、子会社のUBXを通じて、フィリピンのIT企業Shiptech(シップテック)の株式30%を1株当た
Pag―IBIG、1Qの住宅融資額が過去最高 政府系金融機関の住宅開発相互ファンド(Pag―IBIG)は5月20日、同社の第1四半期(1~3月)の住宅融資実行額が172億2000万ペソとなり、前年同期の14
19年の成長率は6.1%に=IHSマークイット予測 フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.1%になる――。IHSマークイットのアジア太平洋担当主席エコノミスト、ラジブ・ビスワス氏がこのほど