台湾銀行、マニラに駐在員事務所開設

フィリピン中央銀行(BPS)は2月8日、公営・台湾銀行がマニラ駐在員事務所を開設したと発表した。

台湾銀行マニラ駐在員事務所は1月31日に営業を開始した。

台湾銀行は1946年に設立された銀行で、1988年の組織改革で、台湾財政部の傘下銀行となった。同行の2017年末時点の資本金は950億台湾ドル、総資産は4兆9000億台湾ドルとなっている。台湾銀行は国内に169支店を持つほか、東京、シンガポール、香港、中国、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、南アフリカにも支店を置いている。


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

国内の貯蓄額が4.4兆ペソに、17年から4.4%増 フィリピン統計庁はこのほど、国内の2018年の貯蓄額が4兆4000億ペソになったと明らかにした。これは2017年の4兆2000億ペソから4.4%増えている。
フィリピン開発銀、1Qに44%増益確保 フィリピン開発銀行(DBP)の第1四半期(1~3月)の純利益は15億7000万ペソとなり、前年同期の10億9000万ペソから44%増えた。 金利収入が第1
ADB、比の中等教育システム改革に3億米ドル拠出 アジア開発銀行(ADB)はこのほど、フィリピンの中等教育システムの改革プログラムに3億米ドルを拠出すると明らかにした。 中等教育の改革プログラムは、すでに
ユニオンバンク、Shiptechに30%出資でデジタル部門強化 ユニオンバンク・オブ・フィリピン(ユニオンバンク)はこのほど、子会社のUBXを通じて、フィリピンのIT企業Shiptech(シップテック)の株式30%を1株当た