中国工商銀行、フィリピン事業を開始

フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、中国工商銀行(ICBC)がフィリピンで事業を開始したと発表した。

ICBCは2018年2月9日付で、商業銀行免許をBSPから付与されている。またICBCマニラ支店が同年8月2日に証券取引委員会に登録された。その後、2019年1月14日に駐在員事務所での事業が始動したという。ICBCは東南アジア諸国連合(ASEAN)事業を拡大する戦略を打ち出しており、フィリピン事業はこの一環だ。

外国銀行の国内市場参入制限を撤廃する共和国法第10641号が2014年に成立して以降、フィリピンで事業免許を付与された外資系銀行として、ICBCは12行目という。

(The Manila Times 2019年3月11日)


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

比への送金手数料、地域で最安値 世界銀行はこのほど、フィリピンへの送金手数料は東アジア・太平地域で最も安いと明らかにした。フィリピンの送金手数料は平均で送金額の3.5%となっており、タイの15
BPI、2018年は3%増益確保 フィリピン・アイランズ銀行(BPI)はこのほど、同行の2018年の純利益が、230億8000万ペソとなり、前年の224億2000万ペソから3%伸びたと明らかにし
台湾銀行、マニラに駐在員事務所開設 フィリピン中央銀行(BPS)は2月8日、公営・台湾銀行がマニラ駐在員事務所を開設したと発表した。 台湾銀行マニラ駐在員事務所は1月31日に営業を開始した。
爆弾の爆発で11人が死亡、バシラン州  フィリピン南部バシラン州ラミタン市で7月31日、四輪車に搭載されていた爆弾が爆発し、11人が死亡した。犠牲者には女性1人と子ども1人も含まれているという。