19年の成長率は6.1%に=IHSマークイット予測

フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.1%になる――。IHSマークイットのアジア太平洋担当主席エコノミスト、ラジブ・ビスワス氏がこのほど、こうした見方を示した。

フィリピンの第1四半期(1~3月)のGDP伸び率は前年同期比5.6%と減速した。一方、ビスワス氏は「第1四半期の低成長は公共支出の伸びが低迷したためだ」と説明。その上で「予算が承認されているため、第2四半期(4~6月)から経済は盛り返すだろう」と述べた。2019年予算が成立したことから第2、第3四半期(7~9月)に景気が盛り返すとの見方だ。

(The Manila Times 2019年5月13日)


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ADB、比の中等教育システム改革に3億米ドル拠出 アジア開発銀行(ADB)はこのほど、フィリピンの中等教育システムの改革プログラムに3億米ドルを拠出すると明らかにした。 中等教育の改革プログラムは、すでに
ユニオンバンク、Shiptechに30%出資でデジタル部門強化 ユニオンバンク・オブ・フィリピン(ユニオンバンク)はこのほど、子会社のUBXを通じて、フィリピンのIT企業Shiptech(シップテック)の株式30%を1株当た
Pag―IBIG、1Qの住宅融資額が過去最高 政府系金融機関の住宅開発相互ファンド(Pag―IBIG)は5月20日、同社の第1四半期(1~3月)の住宅融資実行額が172億2000万ペソとなり、前年同期の14
RCBC、19年の利益は前年並み確保へ フィリピンの民間銀行大手リサール商業銀行(RCBC)はこのほど、2019年通年の純利益が前年の43億ペソ程度を確保するとみていると明らかにした。 RCBC