19年の成長率は6.1%に=IHSマークイット予測

フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.1%になる――。IHSマークイットのアジア太平洋担当主席エコノミスト、ラジブ・ビスワス氏がこのほど、こうした見方を示した。

フィリピンの第1四半期(1~3月)のGDP伸び率は前年同期比5.6%と減速した。一方、ビスワス氏は「第1四半期の低成長は公共支出の伸びが低迷したためだ」と説明。その上で「予算が承認されているため、第2四半期(4~6月)から経済は盛り返すだろう」と述べた。2019年予算が成立したことから第2、第3四半期(7~9月)に景気が盛り返すとの見方だ。

(The Manila Times 2019年5月13日)


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

OFW向けのOFバンク、政府がオンライン銀行として再開へ フィリピン政府はフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)に向けた銀行「フィリピン人海外出稼ぎ労働者銀行(OFバンク)」を2020年にも再開する意向だ。 国営
ユニオンバンク、上半期は2.1%増益確保 ユニオンバンク・オブ・フィリピン(ユニオンバンク)はこのほど、同行の2019年上半期(1~6月)の純利益が前年同期の47億ペソから2.1%増えて48億ペソになっ
外資系銀行3行、比に支店開設計画 フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、外資系銀行3行がフィリピンでの支店開設を計画していると明らかにした。 中銀のチュチ・フォナシエ副総裁はこのほど、「
比の食品小売市場、19年に500億米ドル規模に=米農業局が予測 米農務省海外農業局はこのほど発表した報告書で、フィリピンの食品小売市場の規模は2019年に前年の474億米ドルから500億米ドルへと成長するとの見通しを示した。