ADB、比の中等教育システム改革に3億米ドル拠出

アジア開発銀行(ADB)はこのほど、フィリピンの中等教育システムの改革プログラムに3億米ドルを拠出すると明らかにした。

中等教育の改革プログラムは、すでに中等教育で学んでいる生徒1060万人と2019年から2023年に新たに入学する年間200万人の生徒に恩恵をもたらすことが期待されているという。ADBはこのプログラムが労働市場の需要に対応した中等教育システムを整備するという政府の取り組みを後押しするとみている。プログラムにより、全国学力到達テスト(NAT)などの成績が向上することが目指される。

(The Philippine Star 2019年5月28日)


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

OFW向けのOFバンク、政府がオンライン銀行として再開へ フィリピン政府はフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)に向けた銀行「フィリピン人海外出稼ぎ労働者銀行(OFバンク)」を2020年にも再開する意向だ。 国営
ユニオンバンク、上半期は2.1%増益確保 ユニオンバンク・オブ・フィリピン(ユニオンバンク)はこのほど、同行の2019年上半期(1~6月)の純利益が前年同期の47億ペソから2.1%増えて48億ペソになっ
外資系銀行3行、比に支店開設計画 フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、外資系銀行3行がフィリピンでの支店開設を計画していると明らかにした。 中銀のチュチ・フォナシエ副総裁はこのほど、「
比の食品小売市場、19年に500億米ドル規模に=米農業局が予測 米農務省海外農業局はこのほど発表した報告書で、フィリピンの食品小売市場の規模は2019年に前年の474億米ドルから500億米ドルへと成長するとの見通しを示した。