フィリピン開発銀、1Qに44%増益確保

フィリピン開発銀行(DBP)の第1四半期(1~3月)の純利益は15億7000万ペソとなり、前年同期の10億9000万ペソから44%増えた。

金利収入が第1四半期に前年同期比23%増の39億ペソとなったことが、純利益を押し上げた。

DBPの総資産は3月末時点で6356億ペソとなり、前年同期の6180億ペソから2.85%増えた。

同行は第1四半期には現金自動預払機(ATM)を39台新設し、全体のATM台数を828台に引き上げている。

(The Manila Times 2019年6月22日)


post in フィリピンのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

国内の貯蓄額が4.4兆ペソに、17年から4.4%増 フィリピン統計庁はこのほど、国内の2018年の貯蓄額が4兆4000億ペソになったと明らかにした。これは2017年の4兆2000億ペソから4.4%増えている。
ADB、比の中等教育システム改革に3億米ドル拠出 アジア開発銀行(ADB)はこのほど、フィリピンの中等教育システムの改革プログラムに3億米ドルを拠出すると明らかにした。 中等教育の改革プログラムは、すでに
ユニオンバンク、Shiptechに30%出資でデジタル部門強化 ユニオンバンク・オブ・フィリピン(ユニオンバンク)はこのほど、子会社のUBXを通じて、フィリピンのIT企業Shiptech(シップテック)の株式30%を1株当た
Pag―IBIG、1Qの住宅融資額が過去最高 政府系金融機関の住宅開発相互ファンド(Pag―IBIG)は5月20日、同社の第1四半期(1~3月)の住宅融資実行額が172億2000万ペソとなり、前年同期の14