メガマニラの地下鉄整備事業、地価2~3倍に上昇へ

コリアーズ・インターナショナル・フィリピンはこのほど、メガマニラ(マニラ大都市圏)の地下鉄整備事業を受け、周辺の不動産価格が今後2~3倍に高騰するとの見通しを明らかにした。アクセスの良さから不動産人気が高まるとみられている。

コリアーズは今回、「不動産各社は各地下鉄駅周辺で複合商業施設や住宅、ホテルなどの開発を進めるべきだ」との見解を表明。さらに「メガマニラの地下鉄整備事業により、周辺の住宅地の価格は少なくとも2倍に上がるはずだ。商業地に関しては、最低でも3番に値上がりする」としている。特にこの事業で建設される13駅のうち7駅が設置されるケソン市は、不動産価格上昇の恩恵を最も受けるとみている。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

バタンガスで19年に高級リゾートがオープンへ バタンガス州で2019年1月、高級リゾート「Rancho Bernardo Luxury Villas and Resorts」がオープンする見通しだ。
糖尿病患者数370万人、心臓疾患のリスク大 フィリピン保健省はこのほど、国内の糖尿病患者数は現在370万人に上ると発表した。糖尿病は心臓疾患などのリスクがあることから、同省は警鐘を鳴らしている。 先
ATI、バタンガスで港湾・ホテル開発計画 フィリピン港湾庁(PPA)はこのほど、アジアン・ターミナルズ(ATI)とバタンガス州政府が連携し、同州のバタンガス港に港湾設備やホテルなどを建設すると明らかにし
教育技術省、子どものネット上の安全守るキャンペーン実施 フィリピン教育技術省はこのほど、インターネットにおける子どもの安全を確保するためのキャンペーンを開始した。保護者や教師などに向け、子どもたちをどのようにしてサイ