ATI、バタンガスで港湾・ホテル開発計画

フィリピン港湾庁(PPA)はこのほど、アジアン・ターミナルズ(ATI)とバタンガス州政府が連携し、同州のバタンガス港に港湾設備やホテルなどを建設すると明らかにした。

PPAによると、ATIは2018年12月か2019年1月にバタンガス港の旅客ターミナルの改修工事に着手する見通しだ。ATIは同港の改善に向け、新ターミナルの建設に加え、商業・小売りスペースの開発などを行っていく。同時にホテルといった宿泊施設も整備する。

ターミナルの工事は2021年に完了する予定だという。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ISと関係する組織のメンバー2人を逮捕、カガヤン州 フィリピンの警察はこのほど、イスラム国(IS)と関係を持つとみられるテロリストグループのメンバー2人をカガヤン州バグガオで逮捕した。さらにほかのメンバー8人がス
2018年上半期のOFW送り出し数、67%マイナスに フィリピン海外雇用庁(POEA)はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送り出し数が2018年上半期(1~6月)に136万3000人となり、前年同期
比の貧困層が減少=統計庁 フィリピン統計庁(PSA)はこのほど、同国の貧困層が全人口に占める割合が2018年上半期(1~6月)に21%となり、2015年の27.6%から減少したと明らかに
セブ州の学校で少女の遺体発見、警備員の男を逮捕 フィリピンの警察は4月8日、セブ州ダナオ市にある学校の浄化槽で、14歳の少女が亡くなっているのを発見した。警察はまた、今回の事件の容疑者として学校の警備員の男(