教育技術省、子どものネット上の安全守るキャンペーン実施

フィリピン教育技術省はこのほど、インターネットにおける子どもの安全を確保するためのキャンペーンを開始した。保護者や教師などに向け、子どもたちをどのようにしてサイバースペースでの暴力などから保護するのか、キャンペーンにより知らせる狙いだ。

キャンペーンはフィリピン・インターネット・モバイル・マーケティング協会などと連携して実施するもの。フィリピンのインターネット利用者数は6700万人に上り、SNSが普及している。一方、これまでに行われた調査では、13~18歳の子どもの43.8%がサイバー・バイオレンスの被害に遭ったことがあると回答している。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

比人による初めての自爆テロ、スールー州の爆発事件 フィリピン国家警察はこのほど、スールー州で先に発生した爆弾事件は、フィリピン人による初めての自爆テロだったと明らかにした。 警察は現在、容疑者2人の特定を
電力使用可能な世帯、1300万世帯に フィリピン国家電化庁(NEA)はこのほど、電化している国内の世帯数は1300万世帯に達したと明らかにした。 NEAによると、国内では半年間で平均して2%、
「比はAIのハブになる」=ロペス貿易産業相 フィリピンはAI(人工知能)のハブになる――。ラモン・ロペス貿易産業相はこのほど、こうした見解を示した。 ロペス貿易産業相はこのほど開催されたフィリピン大
電気自動車の基準設定へ、政府と民間部門 フィリピン電気自動車協会(EVAP)はこのほど、フィリピン政府と民間部門は今後、同国における電気自動車の基準を設定すると明らかにした。 政府と民間部門は、