教育技術省、子どものネット上の安全守るキャンペーン実施

フィリピン教育技術省はこのほど、インターネットにおける子どもの安全を確保するためのキャンペーンを開始した。保護者や教師などに向け、子どもたちをどのようにしてサイバースペースでの暴力などから保護するのか、キャンペーンにより知らせる狙いだ。

キャンペーンはフィリピン・インターネット・モバイル・マーケティング協会などと連携して実施するもの。フィリピンのインターネット利用者数は6700万人に上り、SNSが普及している。一方、これまでに行われた調査では、13~18歳の子どもの43.8%がサイバー・バイオレンスの被害に遭ったことがあると回答している。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

観光バスとトラックが衝突、ケソン州で3人死亡 ケソン州アティモナン地区で6日、観光バスがトラックと衝突する事故が発生し、3人が亡くなり76人が負傷した。 警察によると、衝突した観光バスは事故当時66人
心の病気ホットライン設置、自殺を防げ フィリピン保健省はこのほど、希死念慮を持つ人を含む心の病気の人の支援に向けたホットラインを設置した。 新設された「国立メンタルヘルス・センター(NCMH)
ミ島で村の代表者2人殺害、武装した男らが銃撃 ミンダナオ島でこのほど、銃を持った複数の男が村の代表者2人を殺害する事件が発生した。 サンボアンガデルノルテ州パガディアン市のバランガイ(最小行政単位)ニ
比の子どものIT利用拡大、「テレビよりネットが好き」 子ども向けデジタルメディア大手TotallyAwesomeの調査で、フィリピンの子どもの10人中8人はテレビよりもインターネットを選択することが分かった。