違法就労の外国人69人を拘束、パンパンガ州クラーク

フィリピン入国管理局は12月17日、パンパンガ州で、観光ビザ(査証)で入国した後に違法に就労したとして、外国人69人を拘束した。

拘束されたのは、中国人45人と韓国人24人。69人はパンパンガ州クラークの複数の工事現場で就労していたという。

入管は当初、外国人93人を対象に取り調べを行い、ビザを調べた。韓国24人に関してはすでに拘束を解かれている。残りの人たちは入管の施設に入れられている。

今後、拘束された中国人は送還される見通しだ。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

南シナ海問題とテロが19年の課題=国防相 南シナ海(西フィリピン海)の領有権問題とテロは2019年の国防面での課題だ――。デルフィン・ロレンサナ国防相がこのほど、こうした見方を示した。 ロレンサナ
台湾、比人留学生への奨学金拡充へ 台湾教育省はこのほど、台湾で学ぶフィリピン人を対象とする奨学金を拡大すると発表した。 台北駐マニラ文化経済事務所の発表によると、対象となるのは、台湾で学士
カガヤン州のトゥゲガラオ空港に一村一品拠点オープン 貿易産業省はこのほど、カガヤン州のトゥゲガラオ空港に一村一品(OTOP)の販売拠点をオープンした。 貿易産業省のルーベン・ディシアノ氏は「OTOPはフィリ
18年の失業率が改善、不完全雇用は増加 フィリピン統計庁(PSA)はこのほど、同国の2018年の失業率は5.3%となり、前年の5.7%から改善したと発表した。 地域別の失業率はイロコス地方が6.