「飢えを感じた」国民が減少=SWS調査

社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)はこのほど、2018年第4四半期(10~12月)に「飢えを感じた」と答えたのは240万世帯と、国民の10.5%となり、前回調査から改善したと明らかにした。

このうち、国民の8.9%に当たる210万世帯は「やや飢えを感じた」と答えた。ただし、残り1.5%は「ひどい飢えを感じた」と答えたといい、数は減っているが、経済的な課題を受けた飢えの問題は残っている。

2018年第3四半期(7~9月)に、「飢えを感じた」のは人口の13.3%に当たる310万人超で、第4四半期はここから減少している。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

香港の抗議行動でフィリピン人を逮捕 香港の警察はこのほど、同地での抗議行動に参加していたとして、旺角でフィリピン人男性1人を逮捕した。 在香港フィリピン総領事館によると、逮捕されたフィリピン
「サービス改善できなければ、殺す」、大統領が5政府機関に脅し ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は7月22日、一般教書演説(SONA)を行い、この中で5つの政府機関について、公共サービスの質を上げるよう命じた。同時にそれが実現でき
ニノイ・アキノ国際空港、出張向け空港ランキングで世界44位 グローバル・ハンターの「出張者にとっての世界最高の空港」ランキングで、ニノイ・アキノ国際空港が44位に入った。ランキングは世界中の空港を対象に、車の駐車料金やラ
5月のOFW送金、過去5カ月の最高額 フィリピン中央銀行(BPS)はこのほど、同国のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)送金は5月に28億9600万米ドルとなり、前年同期の27億4600万米ドルか