「飢えを感じた」国民が減少=SWS調査

社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)はこのほど、2018年第4四半期(10~12月)に「飢えを感じた」と答えたのは240万世帯と、国民の10.5%となり、前回調査から改善したと明らかにした。

このうち、国民の8.9%に当たる210万世帯は「やや飢えを感じた」と答えた。ただし、残り1.5%は「ひどい飢えを感じた」と答えたといい、数は減っているが、経済的な課題を受けた飢えの問題は残っている。

2018年第3四半期(7~9月)に、「飢えを感じた」のは人口の13.3%に当たる310万人超で、第4四半期はここから減少している。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ISと関係する組織のメンバー2人を逮捕、カガヤン州 フィリピンの警察はこのほど、イスラム国(IS)と関係を持つとみられるテロリストグループのメンバー2人をカガヤン州バグガオで逮捕した。さらにほかのメンバー8人がス
2018年上半期のOFW送り出し数、67%マイナスに フィリピン海外雇用庁(POEA)はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送り出し数が2018年上半期(1~6月)に136万3000人となり、前年同期
比の貧困層が減少=統計庁 フィリピン統計庁(PSA)はこのほど、同国の貧困層が全人口に占める割合が2018年上半期(1~6月)に21%となり、2015年の27.6%から減少したと明らかに
セブ州の学校で少女の遺体発見、警備員の男を逮捕 フィリピンの警察は4月8日、セブ州ダナオ市にある学校の浄化槽で、14歳の少女が亡くなっているのを発見した。警察はまた、今回の事件の容疑者として学校の警備員の男(