国民の大半、15歳以上の刑事罰適用に賛成

社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)はこのほど、フィリピン人の多くが、未成年者が強姦、殺人、麻薬などの犯罪に関与した場合、15歳以上であれば刑事罰を適用することに賛成だと回答したと発表した。

フィリピンでは未成年者の犯罪の厳罰化に向けて、刑事罰適用年齢の引き下げが議論されている。  SWSは2018年12月18日から22日にかけて、マニラ首都圏の18歳以上300人と、ルソン島のその他の地域、ビサヤ地方、ミンダナオ地方の合計1200人を対象に調査を実施した。

この結果、回答者の63%は強姦の罪を犯した未成年者に刑事罰を適用することに賛成した。強姦の罪を犯した未成年の中で刑事罰を適用するのは15歳以上の子どもとしたのは32%だった。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

イタリア、紛争被害のマラウィ市民を支援 世界食糧計画(WFP)はこのほど、イタリア政府が紛争により移住を余儀なくされたマラウィ市の住民6500人の支援に向け、24万米ドル(約120万ペソ超)を拠出する
ユニセフ親善大使に、女優のアン・カーティスさんと司会者オセーニャ・パエスさん 国連児童基金(ユニセフ)はこのほど、フィリピン出身の女優、アン・カーティスさんとTV番組司会者のダフネ・オセーニャ・パエスをユニセフ親善大使に指名したと発表した
リビアのフィリピン人医療職員に武装攻撃への注意・避難呼びかけ 在リビア・フィリピン大使館はこのほど、リビアで就労しているフィリピン人の医療職員に対し、武力攻撃への注意と現場からの避難を呼びかけた。 同大使館によると、
女性の警察官を増員へ、下院公共秩序・治安委が法案承認 フィリピンの下院公共秩序・治安委員会はこのほど、フィリピン国家警察(PNP)の女性警察官の数を増やすことを盛り込んだ下院法案8689号を承認した。 同法案