国民の大半、15歳以上の刑事罰適用に賛成

社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)はこのほど、フィリピン人の多くが、未成年者が強姦、殺人、麻薬などの犯罪に関与した場合、15歳以上であれば刑事罰を適用することに賛成だと回答したと発表した。

フィリピンでは未成年者の犯罪の厳罰化に向けて、刑事罰適用年齢の引き下げが議論されている。  SWSは2018年12月18日から22日にかけて、マニラ首都圏の18歳以上300人と、ルソン島のその他の地域、ビサヤ地方、ミンダナオ地方の合計1200人を対象に調査を実施した。

この結果、回答者の63%は強姦の罪を犯した未成年者に刑事罰を適用することに賛成した。強姦の罪を犯した未成年の中で刑事罰を適用するのは15歳以上の子どもとしたのは32%だった。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ISと関係する組織のメンバー2人を逮捕、カガヤン州 フィリピンの警察はこのほど、イスラム国(IS)と関係を持つとみられるテロリストグループのメンバー2人をカガヤン州バグガオで逮捕した。さらにほかのメンバー8人がス
2018年上半期のOFW送り出し数、67%マイナスに フィリピン海外雇用庁(POEA)はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送り出し数が2018年上半期(1~6月)に136万3000人となり、前年同期
比の貧困層が減少=統計庁 フィリピン統計庁(PSA)はこのほど、同国の貧困層が全人口に占める割合が2018年上半期(1~6月)に21%となり、2015年の27.6%から減少したと明らかに
セブ州の学校で少女の遺体発見、警備員の男を逮捕 フィリピンの警察は4月8日、セブ州ダナオ市にある学校の浄化槽で、14歳の少女が亡くなっているのを発見した。警察はまた、今回の事件の容疑者として学校の警備員の男(