マラウィの避難住民に住居100戸引き渡し

ミンダナオ・イスラム教徒自治区(ARMM)はこのほど、マラウィ市での紛争により避難を余儀なくされた住民に対し、住居100戸を引き渡した。

この住居100戸の建設は2018年9月に開始し、総工費は3億ペソだった。住居の建設用地4ヘクタールは地元の市町が寄付したという。

この住居には、マラウィ市から逃げてきた後、避難所暮らしを強いられていた世帯に引き渡された。

さらに別の場所でも、避難してきた住民のために住居100戸の建設が始まっている。


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

人身取引容疑で2人逮捕、未成年含む女性11人救出 国家捜査局(NBI)はこのほど、リサール州アンティポロ市で、人身取引を行った容疑で2人を逮捕した。同時に、未成年者2人を含む女性11人を救出した。女性11人は人
「フィリピン人は休憩ばかりとる」発言に反発、大統領府が声明 フィリピン人は怠け者ではない――。大統領府は3月11日、フィリピン政府の中国への特使を務めるラモン・トゥルフォ氏によるフィリピン人労働者に対する発言に、こう反論
比人労働者が人権侵害や違法行為の被害に、ポーランド フィリピン海外雇用局(POEA)はこのほど、ポーランドがフィリピン人労働者の受け入れを進めようとしているものの、違法行為や人権侵害事件が起きていると警鐘を鳴らし
比の女性管理職比率、アジア地域で首位 米会計事務所大手グラント・ソントンはこのほど、フィリピン企業の管理職に占める女性の割合は37%で、アジア地域でトップだと明らかにした。 フィリピンに続くの