「中国は領土を要求しない、比と友達になりたいだけ」=ドゥテルテ大統領

中国はフィリピンと友人になりたいだけで、援助のかわりに我が国の領土を差し出せと言っているわけではない――。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はこのほど、こう語った。

ドゥテルテ大統領は4月2日夜、訪問先のマランボン市での講演で、「中国に行ったが、彼らはただ友達になりたいだけだ。私は武器と弾薬を与えられたが、中国はフィリピンの領土をまったく要求していない」と述べた。

フィリピンの最高裁判所のカルピオ長官代行らがこれまでに、中国の対フィリピン政策を批判しているが、ドゥテルテ大統領は「中国はフィリピンとの友好関係を築くことをやめない」と語った。

(The Philippine Star 2019年4月4日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

ISと関係する組織のメンバー2人を逮捕、カガヤン州 フィリピンの警察はこのほど、イスラム国(IS)と関係を持つとみられるテロリストグループのメンバー2人をカガヤン州バグガオで逮捕した。さらにほかのメンバー8人がス
2018年上半期のOFW送り出し数、67%マイナスに フィリピン海外雇用庁(POEA)はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送り出し数が2018年上半期(1~6月)に136万3000人となり、前年同期
比の貧困層が減少=統計庁 フィリピン統計庁(PSA)はこのほど、同国の貧困層が全人口に占める割合が2018年上半期(1~6月)に21%となり、2015年の27.6%から減少したと明らかに
セブ州の学校で少女の遺体発見、警備員の男を逮捕 フィリピンの警察は4月8日、セブ州ダナオ市にある学校の浄化槽で、14歳の少女が亡くなっているのを発見した。警察はまた、今回の事件の容疑者として学校の警備員の男(