OFW向け病院、パンパンガ州に建設

パンパンガ州に近く、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)とその家族向けの病院がオープンする見込み。こうした病院が同地に設置されるのは初めてだという。

海外労働福祉庁(OWWA)によると、新設される病院は大物実業家エンリケ・ラソ氏率いるブルームベリー財団からの寄付4億ペソをもとに建設される。建設地はパンパンガ州知事から寄付されたもので、高速道路沿いに立地する。

新病院の起工式には、グロリア・アロヨ下院議長、パンパンガ州のリリア・ピネダ知事、シルベルトレ・ベロ労働雇用相らが出席した。

(The Manila Times 2019年5月1日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

観光バスとトラックが衝突、ケソン州で3人死亡 ケソン州アティモナン地区で6日、観光バスがトラックと衝突する事故が発生し、3人が亡くなり76人が負傷した。 警察によると、衝突した観光バスは事故当時66人
心の病気ホットライン設置、自殺を防げ フィリピン保健省はこのほど、希死念慮を持つ人を含む心の病気の人の支援に向けたホットラインを設置した。 新設された「国立メンタルヘルス・センター(NCMH)
ミ島で村の代表者2人殺害、武装した男らが銃撃 ミンダナオ島でこのほど、銃を持った複数の男が村の代表者2人を殺害する事件が発生した。 サンボアンガデルノルテ州パガディアン市のバランガイ(最小行政単位)ニ
比の子どものIT利用拡大、「テレビよりネットが好き」 子ども向けデジタルメディア大手TotallyAwesomeの調査で、フィリピンの子どもの10人中8人はテレビよりもインターネットを選択することが分かった。