OFW向け病院、パンパンガ州に建設

パンパンガ州に近く、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)とその家族向けの病院がオープンする見込み。こうした病院が同地に設置されるのは初めてだという。

海外労働福祉庁(OWWA)によると、新設される病院は大物実業家エンリケ・ラソ氏率いるブルームベリー財団からの寄付4億ペソをもとに建設される。建設地はパンパンガ州知事から寄付されたもので、高速道路沿いに立地する。

新病院の起工式には、グロリア・アロヨ下院議長、パンパンガ州のリリア・ピネダ知事、シルベルトレ・ベロ労働雇用相らが出席した。

(The Manila Times 2019年5月1日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

比人による初めての自爆テロ、スールー州の爆発事件 フィリピン国家警察はこのほど、スールー州で先に発生した爆弾事件は、フィリピン人による初めての自爆テロだったと明らかにした。 警察は現在、容疑者2人の特定を
電力使用可能な世帯、1300万世帯に フィリピン国家電化庁(NEA)はこのほど、電化している国内の世帯数は1300万世帯に達したと明らかにした。 NEAによると、国内では半年間で平均して2%、
「比はAIのハブになる」=ロペス貿易産業相 フィリピンはAI(人工知能)のハブになる――。ラモン・ロペス貿易産業相はこのほど、こうした見解を示した。 ロペス貿易産業相はこのほど開催されたフィリピン大
電気自動車の基準設定へ、政府と民間部門 フィリピン電気自動車協会(EVAP)はこのほど、フィリピン政府と民間部門は今後、同国における電気自動車の基準を設定すると明らかにした。 政府と民間部門は、