リビアで誘拐された比人3人が帰国

リビアで2018年に誘拐されたフィリピン人エンジニア3人が5月18日、帰国した。テオドロ・ロクシン外務相らが3人をマニラで出迎えたという。

フィリピン人エンジニア3人はリビア西部の海水淡水化プラントで働いていたが、同僚の韓国人1人とともに、2018年7月に誘拐された。その後、ハフタル将軍の率いる民兵組織「リビア国民軍」と連携するアラブ首長国連邦(UAE)の仲介により、今回解放に至ったという。

リビアでは2011年にカダフィ政権が崩壊して以降、軍関係者やイスラム国(IS)によって外国人が攻撃されたり、誘拐されたりしている。 ロクシン外務相は「3人を安全に家族のもとへ帰すことができうれしい」と述べている。

(The Manila Times 2019年5月19日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

香港の抗議行動でフィリピン人を逮捕 香港の警察はこのほど、同地での抗議行動に参加していたとして、旺角でフィリピン人男性1人を逮捕した。 在香港フィリピン総領事館によると、逮捕されたフィリピン
「サービス改善できなければ、殺す」、大統領が5政府機関に脅し ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は7月22日、一般教書演説(SONA)を行い、この中で5つの政府機関について、公共サービスの質を上げるよう命じた。同時にそれが実現でき
ニノイ・アキノ国際空港、出張向け空港ランキングで世界44位 グローバル・ハンターの「出張者にとっての世界最高の空港」ランキングで、ニノイ・アキノ国際空港が44位に入った。ランキングは世界中の空港を対象に、車の駐車料金やラ
5月のOFW送金、過去5カ月の最高額 フィリピン中央銀行(BPS)はこのほど、同国のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)送金は5月に28億9600万米ドルとなり、前年同期の27億4600万米ドルか