リビアで誘拐された比人3人が帰国

リビアで2018年に誘拐されたフィリピン人エンジニア3人が5月18日、帰国した。テオドロ・ロクシン外務相らが3人をマニラで出迎えたという。

フィリピン人エンジニア3人はリビア西部の海水淡水化プラントで働いていたが、同僚の韓国人1人とともに、2018年7月に誘拐された。その後、ハフタル将軍の率いる民兵組織「リビア国民軍」と連携するアラブ首長国連邦(UAE)の仲介により、今回解放に至ったという。

リビアでは2011年にカダフィ政権が崩壊して以降、軍関係者やイスラム国(IS)によって外国人が攻撃されたり、誘拐されたりしている。 ロクシン外務相は「3人を安全に家族のもとへ帰すことができうれしい」と述べている。

(The Manila Times 2019年5月19日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

比・韓、二国間FTA交渉開始へ フィリピンと韓国は6月3日、二国間の自由貿易協定(FTA)の締結に向けた交渉を開始することを盛り込んだ協定に署名した。 両国は3日付で出した共同声明で、フ
地域別インターネット浸透率、首位はマニラ首都圏 社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)の最新の調査で、インターネット浸透率が最も高い地域はマニラ首都圏であることが分かった。 調査は2019年
人身取引被害者2人を保護、15歳の少女が年齢偽る フィリピン入国管理局の職員はこのほど、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)で、人身取引の被害者とみられる女性2人を保護した。 女性2人は家事労働者として働く
クウェートでまた家事労働者が死亡、MOU見直しが必須 大統領府は5月27日、クウェートでフィリピン人家事労働者が亡くなったことを受けて、政府に対して労働者の送り出し/受け入れに関する同国との覚書(MOU)を見直すよ