「比はAIのハブになる」=ロペス貿易産業相

フィリピンはAI(人工知能)のハブになる――。ラモン・ロペス貿易産業相はこのほど、こうした見解を示した。

ロペス貿易産業相はこのほど開催されたフィリピン大学での講演で、「AIソフトウェアの売上高は全世界2025年までに1000億米ドルに達し、AI産業の規模は2022年までに5兆8000億ペソの規模になるだろう」と説明した。

こうしたAI産業拡大への期待から、貿易産業省はこれまでに地域包括イノベーション・センター(RIIC)設置をセブ、カガヤンデオロ、ダバオ、レガスピで進めている。

(The Manila Times 2019年6月18日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

押収薬物を不法に再利用、大統領が容疑の大佐2人の氏名公表へ ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はこのほど、押収した違法薬物を不当に再利用した容疑で、「忍者」警察官2人の氏名を公表する方針だと明らかにした。 大統領は今回、「
情報通信技術省、Wi-Fiスポット整備に12億ペソ投資計画 情報通信技術省は2020年に、Wi-Fiスポットの拡充に12億ペソを投じる計画だ。これを通じ、より多くのフィリピン人が無料でインターネットを利用できるようにする
先住民を反政府組織へ連れ去り、人身取引容疑で2人逮捕 トゥゲガラオの警察はこのほど、フィリピンの先住民37人を連れ去り、反政府活動を行う武装集団に参加させようとしたとして、人身取引の容疑でリクルーター2人を逮捕した
カナダ・ユーコン準州、OFWを年間2000人受け入れへ フィリピン政府は、カナダへの労働者送り出しを拡大させる意向だ。フィリピンは先に、カナダのユーコン準州と、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送り出しに関する