「比はAIのハブになる」=ロペス貿易産業相

フィリピンはAI(人工知能)のハブになる――。ラモン・ロペス貿易産業相はこのほど、こうした見解を示した。

ロペス貿易産業相はこのほど開催されたフィリピン大学での講演で、「AIソフトウェアの売上高は全世界2025年までに1000億米ドルに達し、AI産業の規模は2022年までに5兆8000億ペソの規模になるだろう」と説明した。

こうしたAI産業拡大への期待から、貿易産業省はこれまでに地域包括イノベーション・センター(RIIC)設置をセブ、カガヤンデオロ、ダバオ、レガスピで進めている。

(The Manila Times 2019年6月18日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

比人による初めての自爆テロ、スールー州の爆発事件 フィリピン国家警察はこのほど、スールー州で先に発生した爆弾事件は、フィリピン人による初めての自爆テロだったと明らかにした。 警察は現在、容疑者2人の特定を
電力使用可能な世帯、1300万世帯に フィリピン国家電化庁(NEA)はこのほど、電化している国内の世帯数は1300万世帯に達したと明らかにした。 NEAによると、国内では半年間で平均して2%、
電気自動車の基準設定へ、政府と民間部門 フィリピン電気自動車協会(EVAP)はこのほど、フィリピン政府と民間部門は今後、同国における電気自動車の基準を設定すると明らかにした。 政府と民間部門は、
53人乗るトラックが木に衝突、花嫁含む13人が死亡 カマリネススール州サンフェルナンドのバランガイ(最小行政単位)タグポコルで6月7日午後5時20分ごろ、53人が乗車したダンプトラックが木に衝突し、少なくとも13