災害情報アプリを導入、科学技術省

科学技術省はこのほど、ハザードマップなど災害やリスク評価に関する科学的な情報を提供するオンラインアプリ「ハザード・ハンター・フィリピン」を発表した。

ハザード・ハンター・フィリピンは地震や火山の噴火、洪水、地滑りなどに関連するハザードマップを提供する。これにより災害時の対応を改善するとともに、一般の人の自然災害への備えをサポートする狙いだ。同アプリは専用サイト(https://hazardhunter.georisk.gov.ph)からアクセスできる。

フィリピンでは1990年にマグニチュード7.8の地震が発生し、バギオ市のハイアット・ホテルを含む各種施設やインフラが深刻な打撃を受けた上、2412人が犠牲になった。アプリによりこうした災害への対策が進展することが期待されている。

(The Manila Times 2019年7月17日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

香港の抗議行動でフィリピン人を逮捕 香港の警察はこのほど、同地での抗議行動に参加していたとして、旺角でフィリピン人男性1人を逮捕した。 在香港フィリピン総領事館によると、逮捕されたフィリピン
「サービス改善できなければ、殺す」、大統領が5政府機関に脅し ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は7月22日、一般教書演説(SONA)を行い、この中で5つの政府機関について、公共サービスの質を上げるよう命じた。同時にそれが実現でき
ニノイ・アキノ国際空港、出張向け空港ランキングで世界44位 グローバル・ハンターの「出張者にとっての世界最高の空港」ランキングで、ニノイ・アキノ国際空港が44位に入った。ランキングは世界中の空港を対象に、車の駐車料金やラ
5月のOFW送金、過去5カ月の最高額 フィリピン中央銀行(BPS)はこのほど、同国のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)送金は5月に28億9600万米ドルとなり、前年同期の27億4600万米ドルか