「サービス改善できなければ、殺す」、大統領が5政府機関に脅し

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は7月22日、一般教書演説(SONA)を行い、この中で5つの政府機関について、公共サービスの質を上げるよう命じた。同時にそれが実現できない場合、「お前たちを殺す」と脅した。

大統領が名指ししたのは、陸運局(LTO)、社会保障機構(SSS)、内国歳入庁(BIR)、土地登記庁(LRA)、住宅開発相互ファンド(Pag―IBIG)。大統領は「各機関はお役所仕事をやめ、公共サービスをより利用者にとって良いものとする必要がある」と強調した。その上で、「もしそれができないのであれば、私はお前たちを殺すだろう」と述べている。

さらにビジネス環境改善及び効率的な行政サービス提供に関する法律の重要性を指摘した上で、「土地登録サービスの改善と汚職撲滅が必須だ」と呼びかけた。

(The Manila Times 2019年7月23日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

押収薬物を不法に再利用、大統領が容疑の大佐2人の氏名公表へ ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はこのほど、押収した違法薬物を不当に再利用した容疑で、「忍者」警察官2人の氏名を公表する方針だと明らかにした。 大統領は今回、「
情報通信技術省、Wi-Fiスポット整備に12億ペソ投資計画 情報通信技術省は2020年に、Wi-Fiスポットの拡充に12億ペソを投じる計画だ。これを通じ、より多くのフィリピン人が無料でインターネットを利用できるようにする
先住民を反政府組織へ連れ去り、人身取引容疑で2人逮捕 トゥゲガラオの警察はこのほど、フィリピンの先住民37人を連れ去り、反政府活動を行う武装集団に参加させようとしたとして、人身取引の容疑でリクルーター2人を逮捕した
カナダ・ユーコン準州、OFWを年間2000人受け入れへ フィリピン政府は、カナダへの労働者送り出しを拡大させる意向だ。フィリピンは先に、カナダのユーコン準州と、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送り出しに関する